ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雅子さま「規制線を踏み越える」スタイルで皇后への準備

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月21日午前10時過ぎ、皇太子ご一家は奈良県にある神武天皇山陵の参拝に向かわれるため、東京駅に姿を見せられた。神武天皇は、日本の初代天皇と考えられる人物で、今年、ちょうど没後2600年を迎える。

 ご一家を見送ろうと、改札や新幹線ホームには多くの人が集まったが、そこには冒頭のように往年の皇室ファンもたまげる異例の光景があった。

「今まで、ご一家が新幹線に乗り込まれるときには発車するまで、ホームにはロープで規制線が張られていました。近くでお顔を拝見したくても、少なくとも10m以上の距離があったんです。今回その規制の位置が大幅に変わっていました。3mくらいまで近づけたんです。窓際に座られたご一家のすぐ近くまで行けて、窓越しにお手振りもしていただきました」(75才主婦・追っかけ歴23年)

 雅子さまにカメラやスマホを向ける人々の姿も目を引いた。中には大声で、「ブラボー! プリンス&プリンセス! アンビリーバブル!!」と興奮した様子でシャッターを切る外国人観光客の姿もあった。

「もうビックリです! お宝ショットが撮れましたが、掟破りをしている気分で落ち着きませんでした。今まで写真撮影にはいちばんピリピリしていて、カメラを持っていると警察官が“写真は撮らないでください”と強く注意して回るほどだったんです。それだけじゃなく偶然居合わせたサラリーマンや旅行客にも、“どちらへおでかけですか?”“何時の新幹線ですか?”と牽制するほどでしたから…」(56才パート・追っかけ歴14年)

「10m規制線」「写真NG」の超厳戒態勢は3年前の「罵声事件」の影響もあった。2013年3月、奥志賀高原(長野県)へのスキー旅行に向かわれるため、東京駅の改札を通り過ぎようとしたとき、60代くらいの男性が唐突に「仮病・さぼりの税金泥棒! 皇室から出て行け!」と、罵声を上げ、雅子さまは凍りつくような表情を浮かべられていた。

 今回厳戒態勢が解かれた背景には、雅子さまの大きな心境の変化があったという。7月13日、天皇陛下の「生前退位」のご意向が報じられ、日本中に激震が走った。報道後、雅子さまが公に姿を見せられになるのはこの日が初めてだった。

「雅子さまは帽子にスーツ、靴まで全身白のコーディネートでした。雅子さまが白をお召しになるときは、“特別”なんです。伝統的に続く公務や、雅子さまが大事にされている若い世代との交流といった場で、白を身につけられている印象が強いですね。この日もいつになく気合が入っているご様子に見えました」(50才主婦・追っかけ歴23年)

 追っかけファンの興奮は冷めやらないが、この規制線を“踏み越える”スタイルは天皇皇后両陛下にならったものだという。

 時折、ブログやツイッターに「たまたま両陛下と居合わせました」と写真つきで綴られることがある。写真には、いつも通り穏やかな笑顔の両陛下のお姿が収められている。中には、カメラ目線で手を振られている『サービスショット』まで。そういった写真は、両陛下から3mほどの近距離から撮影されたものだ。

「生前退位」報道から神武天皇山陵参拝のためにお出ましになる約1週間、雅子さまは緊張の色を浮かべられていたという。

「神武天皇山陵の参拝は、雅子さまにとって約22年ぶりのことで、ご不安もおありだったと思います。加えて、あの報道ですからね。周囲の人間は、プレッシャーをおかけしないよういつも通りに振る舞うよう心がけていたそうです。そんな雅子さまを支えたのは、他でもない皇太子さまだったといいます。できるだけ一緒に時間をお過ごしになり、緊張をほぐすよう努められたそうです」(東宮職関係者)

 東京駅に姿を見せられた雅子さまのお顔から、緊張は消えていた。

「神武天皇は、現在まで続く皇室の始まり。雅子さまは覚悟を持って神武天皇山陵の前に立たれ“次代の天皇、そして皇室をしっかりと支えていきます”と、『皇后としての誓い』も捧げられたのではないかと思うのです」(前出・東宮職関係者)

 雅子さまは、着々と皇后への助走路を歩まれている。天皇陛下の「生前退位」報道が日本中を駆け巡ってから約1週間後、雅子さまは神武天皇山陵を拝礼された。生前退位が実現すれば、それはすなわち「新皇后・雅子さま」の誕生を意味する。公の場に姿を見せられた雅子さまのご様子からは、皇后に向けた準備が着々と整っていることが伝わってきた。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
愛子さま 学習院の送別学芸会でシンデレラのチェロ生伴奏
7年ぶりに宮中祭祀の雅子さま 戸惑いを抱いた理由は
愛子さま 佳子さまのような格好したいと主張も雅子さまが反対

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP