ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたが選ぶべきシャンプーは「アミノ酸系」or「オイル系」?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今流行のノンシリコンシャンプーにも、いろいろな種類があります。どれを選んでよいのかわからない人のために、ノンシリコンの中でも人気がある「アミノ酸系」と「オイル系」について解説しますね。

頭皮の状況で考えてみる

自分で見えないので目立ちませんが、頭皮も顔と同じように日焼け、汗、ホコリ、整髪料など日々ストレスを受けている場所。その状態は毛髪にも現れてきます。頭皮や髪がすぐに脂っぽくなる、乾燥してかゆくなったりフケが出る、髪がぺたんとする、髪がまとまらずスタイリングがしにくいなど。一般的には、頭皮や髪が脂っぽく皮脂が多いと感じる場合はオイル系シャンプー、頭皮が敏感になっている場合や乾燥している場合はアミノ酸系シャンプーを使うと状態が改善されるといわれています。

アミノ酸系シャンプーのメリット

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄成分である界面活性剤のかわりにアミノ酸の成分が配合されており、アミノ酸の働きで洗います。刺激が少なく優しい洗浄力で洗うため、必要な皮脂を落とすこともなく敏感肌やアトピー肌でも安心して使用できます。もともと頭皮や髪はタンパク質でできていて、そのタンパク質はアミノ酸で構成されています。頭皮や髪にアミノ酸を補給しつつ汚れだけを落とすことができるので頭皮も髪も健康にしてくれるのですね。洗い上がりはしっとりとしているものが多いようです。アミノ酸系のシャンプーは、ココイル○○、ラウロイル○○、ココアンホ○○、○○ベタインといった成分が含まれています。

オイル系シャンプーのメリット

オイル系シャンプーは、ホホバオイルやアルガンオイル、シアバターなど天然のオイルが配合されているものを指します。オイルシャンプーと聞くとベタつきそうなイメージがありますが、脂は油でよく落ちるのでクレンジング力は高いのです。余分な皮脂をしっかり落としつつ、保湿力のあるオイルを使用しているため、きしんで使いにくいノンシリコンシャンプーとは違って指通りはなめらか、洗い上がりはスッキリしつつもまとまりがある髪にしてくれます。オイルだけでは汚れを落とすことができないため、界面活性剤(高級アルコール)が含まれているものがほとんどです。ラウリル硫酸、ラウレス硫酸、スルホン酸と表記されているのは界面活性剤が含まれています。以前は頭皮や髪に良くないものとして言われることも多くありましたが、安全で洗浄力の高い成分です。

いかがでしょうか。ベタつきがちな髪にはオイル系、乾燥しがちな髪にはアミノ酸系を試してみるとよいと思います。最近は多くのシャンプーに1回分のお試し用サイズが販売されているので、自分の髪に合うものを探し、季節や頭皮のコンディションに応じて使い分けてみるもおすすめです。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP