体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『シートベルトまくら』長距離ドライブ時に子供が座ったままスヤスヤ安眠可能なママ大喜びのアイデア枕!

D5A_7289

夏休みなど家族で長距離ドライブに出る機会も多い。そんな時子供が座席でシートベルトを締めていると、頭がグラグラして思うように眠れずにかわいそうだと思ったことはないだろうか。首筋を痛めてしまいそうな気もするし…。そんな時に役立つのがシートベルトに装着して使えるシートベルトまくら。累計3万3千個の販売数を誇る隠れたヒット商品だ。

 

頭グラグラ、無理な姿勢で子供を眠らせたくないママのための強力な助っ人アイテム

そもそも赤ちゃんだったらベビーシートがあるので心配はない。しかしジュニアシートに乗るくらいに成長した頃から気になるようになるのが首の安定。おとなしく眠ってくれるのはうれしいのだけれど、車の振動とともにあちこちに揺れる首はとても気になる。

CR7_0033
株式会社フェリシモ(神戸市中央区)がそんなママの不安を解消するために開発したのがシートベルトまくら』(ポリエステル素材・縦約28cm×横約14cm×厚さ約9cm・発売中)

CR7_0041

使い方は簡単で、ベルトカバーをシートベルトに装着、そこに面ファスナーで肌触りの良いパイル地の柔らかクッションを装着して使用する。

D5A_7299

なぜベルトカバーと本体クッションが別になっているかというと、それは洗濯のため。枕はやはり使用していくうちに衛生面が気になってくるもの。その時に固定力が落ちてしまうのでベルト側は洗わずに、枕本体部分だけ丸洗いすることができるのだ。

CR7_0300

この仕組みはたくさんのママ・モニターの意見によって採用された機能だという。さらに外せば通常のクッションとしても使用可能になる。

D5A_7321
またその機能のおかげで枕を好きな位置や角度で取り付けできるというメリットもある。そのようにママ・モニターたちが子供たちのためを思って開発に参画して生まれたのがこの『シートベルトまくら』。

D5A_7311
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy