ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1位は「退社時間」… 転職して感じたストレスTOP10 

DATE:
  • ガジェット通信を≫


転職活動を終え、新しい職場へ――。心機一転スタートを切ったものの、全く違う環境や人間関係に戸惑い、ストレスを感じるビジネスマンも少なくないだろう。では、転職者は新しい職場のどんな点をストレスに感じているのだろうか? 転職をしたことがある20~30代男性会社員200人にアンケート調査を実施した(R25調べ・協力/アイリサーチ)。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●転職先でストレスに感じたことTOP10

(16項目から上位1~3位を選択。1pt=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

1位 新入りになるので、先に帰宅(退社)するときに気を遣った 125pt
2位 過去の仕事の話など、話題に入っていけなかった 111pt
3位 「年下なのに職場では先輩」となる人との付き合い方 107pt
4位 仕事の進め方が前職と違って戸惑った 102pt
5位 仕事の用語などが前職と違い戸惑った 95pt
6位 自分のキャラクターをわかってもらうのに時間がかかった 85pt
7位 職場の人の名前が覚えられないこと 80pt
8位 「誰と誰が仲が悪い」など職場の人間関係がわからないこと 79pt
9位 仕事の内容が想定したものと違いすぎて戸惑った 48pt
10位 人前で自己紹介する機会が多いこと 36pt

再び「新入り」になることにより、「退社時間」や「年下先輩」などに気を遣うという意見が上位にランクイン。また、職場によって違う「仕事の用語」や「仕事の進め方」がなかなか掴めず、苦労をする転職者も多いようだ。以下、ストレスを感じたエピソードも教えてもらった。

【1位 新入りになるので、先に退社するときに気を遣った】
「先輩は帰っていいと言ってくれるが、それが本音か勘ぐってしまうから」(30歳)
「転職後にオリエンテーションを実施したが、周りの社員が残って作業していたので早く帰るのにためらいがあった」(32歳)
「家庭の状況は伝えて先に帰ることを了承もらって転職したのですが、人事と現場の考え方が違うみたいで、上がろうすると『先に上がるのはどういうことだ』となりました」(32歳)
「帰りたいと言えず、無駄に残業するしか無かった」(38歳)

【2位 過去の仕事の話など、話題に入っていけなかった】
「自分のわからないことを言われてたり聞かれたりしても、どう答えていいかわからずストレスがたまる」(32歳)
「会社や仕事の略称などが分からなかった」(33歳)
「話題についていけないと相づちも打てない」(39歳)

【3位 「年下なのに職場では先輩」となる人との付き合い方】
「転職して20歳の先輩とかかわるときの接し方に悩んだ」(29歳)
「話し方や態度をどうすればいいか迷う」(35歳)
「基本は先輩であるが、話しやすい後輩のような気がしてしまうと敬語が入り混じるような感じになり、戸惑う」(36歳)
「年功序列があたりまえだとおもっていたのでとまどった」(39歳)

【4位 仕事の進め方が前職と違って戸惑った】
「報連相をしなくてもいいという感じが異常と思った」(30歳)
「サーバーにアップしながらの共同作業なのでやり方にとまどった」(33歳)
「会議の進め方など初めて経験することが多かったため」(38歳)

【5位 仕事の用語などが前職と違い戸惑った】
「金融から製造に来た為、全くわからず呪文の様に感じた」(31歳)
「電子部品製造業と水産加工業なもんだから、単位の付け方とかも変で、いまでも納得いかないところもある」(39歳)

【6位 自分のキャラクターをわかってもらうのに時間がかかった】
「非常に忙しく最低限の紹介しかなく直接的に話すことも無かったので職場の上司や先輩に性格や考えを伝えることが出来なかった為」(38歳)
「仕事を早く覚えなければいけないので、自然体になれない」(39歳)

【7位 職場の人の名前が覚えられないこと】
「仕事の話をしたいが、担当者の名前がすぐに出てこず、スムーズに会話が出来なかった」(38歳)

【8位 「誰と誰が仲が悪い」など職場の人間関係がわからないこと】
「どう立ち回ればいいかわからないから」(30歳)
「うかつに話しかけていいものやらわからず右往左往した」(37歳)

【9位 仕事の内容が想定したものと違いすぎて戸惑った】
「思ったよりもハードワークだ」(35歳)

【10位 人前で自己紹介する機会が多いこと】
「目立つことが嫌いなので注目されて挨拶をすること自体にストレスを感じました」(35歳)

前職でキャリアを積んだ転職者ゆえに、「わからない」ことに新卒社員以上のストレスを感じるのかもしれない。しかし、時間とともに慣れていくことも多いはず。社会人の“初心に返る”良い機会として、前向きに、あまり根を詰め過ぎずに転職後のストレスと向き合いたいものだ。

(藤あまね)

(R25編集部)

1位は「退社時間」… 転職して感じたストレスTOP10 はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

学歴、経歴からして今の職場は「妥当」? 皆の答えは
会社員の約5割 転職した元同僚に「イラッ」の経験アリ!
面接で誇張したプロフィールTOP10
職歴はもちろんだけど…転職で「学歴」は重視される?
「大企業勤めは転職に有利」は本当なのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP