ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TOKYO No.1 SOUL SET、映画『SCOOP!』主題歌に福山雅治がギタリストとして参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年10月1日に福山雅治主演の映画『SCOOP!』が公開される。この主題歌「無情の海に」にて、TOKYO No.1 SOUL SET feat.福山雅治 on guitar名義で、TOKYO No.1 SOUL SETに福山雅治がギタリストとして参加することが明らかになった。同曲は、9月28日に発売される「SCOOP!」オリジナル・サウンドトラックに収録される。

主題歌決定までの経緯は、大根仁監督が、写真週刊誌の編集部の目線から、“東京の夜”を切り取っている本作の音楽を考えた時、劇伴はTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシに依頼し、さらに主題歌は、同じ世界観の繋がりを大事にしたいという思いから、TOKYO No.1 SOUL SETが制作を進めていた。そんな折、何度か、ライブでギターを弾く福山を観た大根監督が「主題歌に福山さんのギターが入ったら、主題歌が更に面白くなるんじゃないか。」と思いに駆られ、両アーティストに話を持ちかけ、双方快諾。福山のギターでの参加が決定した。

レコーディングはTOKYO No.1 SOUL SETが制作をした音源に、福山がギターを重ねる形で行われ、レコーディングした音源を初めて聞いた時の大根監督の反応は「良いじゃないすかー。こういう大人仕事のギター、好きなんすよねえ。この誰も思いつかない組み合わせが意外とマリアージュしてますね。いや、これは面白い。」とのこと。

ギターレコーディングの日、川辺と福山は何度も電話でのやり取りを重ね、スタジオワークを進め、主題歌「無情の海に」が完成。映画本編が東京の夜をフューチャーしている作品だというところから実現した今回のコラボレーションに期待が高まる。

大根監督 コメント
以前からギタリスト福山雅治に注目していました。
そしてこの人のギターは都会の夜の雰囲気に似合うはずだとも思っていました。
今回の映画「SCOOP!」で、東京の夜を代表するバンドであるTOKYO No.1 SOUL SETとの
共作が実現したことを、監督としても、同世代としても、音楽ファンとしても、最高に嬉しく思います。

川辺ヒロシ コメント
この度、大根仁監督の新しい映画「SCOOP!」の劇伴音楽を、
私、川辺ヒロシと、共同音楽に上田禎さんを迎えて制作しました。
さらに主題歌を、ゲストギタリストに福山雅治さんを迎え、TOKYO No.1 SOUL SETで担当しました。
福山雅治 & TOKYO No.1 SOUL SET!!
誰も予想できなかったこの組み合わせ(本人も)。
口笛、闇に消えるメロディ、ソウルセットのビートに乗る福山さんの一級品のギターサウンド、
福山さんのギターについては、80年代ディスコをイメージしていただきました。
この素晴らしい映画と共に一生聴いてもらえる作品に仕上がったと感じております。
タイトルは「無情の海に」です。是非聞いてください。

福山雅治 コメント
80年代ディスコというテーマは僕にとっては難題でした。なぜなら、ディスコ行ったことないんです。
なので、今回のTOKYO No.1 SOUL SETさんとのセッションが僕のディスコデビューです。
高校の先輩に、街で噂の不良っぽいお店に連れて行ってもらったような、そんな刺激的な体験でした。
映画全体の空気感、そして余韻を、より味わい深くする楽曲「無情の海に」。ギターのみでの参加、嬉し過ぎます!

リリース情報
「SCOOP!」オリジナル・サウンドトラック
2016年9月28日発売
UPCH-2097 1,980円(税込)
「無情の海に」 / 映画『SCOOP!』主題歌 他24曲収録予定
収録アーティスト:川辺ヒロシ / 上田禎(共同音楽)/ TOKYO No.1 SOUL SET feat.福山雅治 on guitar

映画情報
映画『SCOOP!』
2016年10月1日(土)全国東宝系公開
監督・脚本:大根仁
原作映画:『盗写 1/250秒』(監督・脚本:原田眞人)
音楽:川辺ヒロシ
出演:福山雅治、二階堂ふみ、吉田 羊、滝藤賢一、リリー・フランキー
©2016映画「SCOOP! 」製作委員会

関連リンク

福山雅治 ユニバーサルミュージックhttp://po.st/fukuyama_scoop
TOKYO No.1 SOUL SET オフィシャルサイトhttp://www.t1ss.net/
福山雅治 オフィシャルサイトwww.fukuyamamasaharu.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP