ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【朗報】ひとかけらのチョコレート習慣が血圧と美肌を守る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チョコレートは美肌とダイエットの大敵! なんて思っていませんか? 実は、チョコレートはポリフェノールが多く含まれる健康食材。気持ちを落ち着けるリラックス効果は知られていますが、血圧を下げて美肌になれちゃう効果もあったのです。食べる量は1日にひとかけらでOK。健康&美容効果を実感するには、カカオ成分70%以上のダークチョコレートがおススメです。

ダークチョコレートが血圧を下げる?

チョコレートの原料となるカカオ豆にはポリフェノールの一種のエピカテキンが豊富に含まれています。エピカテキンには、血管に柔軟性を持たせて広げる働きがあります。チョコレートを食べることで、エピカテキンが小腸から吸収され、血管に流れ込み、血管内皮細胞にエピカテキンが取り込まれることで、血管の収縮と拡大が活性化し血管が拡張することで血圧を下げることができるのです。エピカテキンはリンゴやブドウなどにも含まれていますが、カカオ豆の含有量がいちばん高くなっています。

美肌のためにも毎日のチョコレート習慣がマスト!

エピカテキンにはコレステロールの増加を抑え、血管をしなやかに強くする働きもあります。体中の血管がしなやかになれば、血液が体の隅々にまで流れますよね。血液によってお肌に必要な栄養素や酸素が運ばれれば、いつの間にかお肌もキレイになっているというワケなのです。もちろんコレステロールの上昇が抑えられれば、生活習慣病も予防できます。

チョコレートの効能は他にもいろいろ

チョコレートには沈んだ気分を盛り上げる効果もあります。これはカカオ豆に含まれる成分が、神経伝達物質のセロトニンやドーパミンの原料となるため。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、心身を安定させ幸せ感を増す働きがあります。ドーパミンには、脳に快感をもたらし気持ちよさとヤル気を高める働きがあります。欝な気分の時にもチョコレートを食べるといいんですよ。

いろいろな効果が期待できるチョコレートですが、カカオ成分が低いチョコレートでは十分な効果が期待できないだけでなく、つい食べ過ぎればカロリーオーバーに。カカオ成分70%以上のダークチョコレートをセレクトしましょう。1日に食べる量はたった1片か2片で十分です。1日に大量に食べるよりも、毎日少しずつ食べることを習慣にしましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP