体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

怒濤のモーニング全24種類! 毎日来ても飽きない「カフェ・お茶かつ ベニ」【名古屋】

怒濤のモーニング全24種類! 毎日来ても飽きない「カフェ・お茶かつ ベニ」【名古屋】

f:id:Meshi2_IB:20160719152848j:plain

名古屋の喫茶店のプライドにかけて」

名古屋の喫茶店といえばモーニング。お値打ちな値段でしっかりと食べられるので毎日通うお客さんも少なくない。郊外のお店では、常連客が座る席どころか車を止める場所まで決まっているという話もよく聞く。それにしても、毎日通っていて飽きないのだろうか?

今回紹介するのは、名古屋市と日進市の境、名東区梅森坂にある「カフェ・お茶かつ ベニ」

f:id:Meshi2_IB:20160719152422j:plain

店名にある「お茶かつ」という謎のメニューは後ほど紹介するが、ココはモーニングがスゴイ喫茶店として地元では有名なのだ。

f:id:Meshi2_IB:20160719152430j:plain

何がスゴイかって? まずはこちらのメニューを見てほしい。

f:id:Meshi2_IB:20160719152450j:plain

細かい文字がぎっしり!

メニューの豊富さもさることながら、「追加おかわりコーヒー 110円」や「おにぎり1ヶ追加 140円」「野菜サラダ 110円」など、お腹の空き具合に合わせてカスタマイズできるのだ。

驚くのはまだ早い。モーニングのメニューはまだある。

f:id:Meshi2_IB:20160719152457j:plain

「あさがおS」や「あさがおR」、「あさがおDX」など独特すぎるメニュー名がズラリと並んでいる。

1枚目のメニューと合わせると、全24種類。何なんだ、この充実ぶりは!?

マスターの伊藤孝之さんは語る。

この界隈はファミレスやファストフード店が多く、名古屋の喫茶店のプライドにかけて、絶対に負けたくないと思ったんですよ。で、毎日来ても飽きないように、数で勝負しようと。

f:id:Meshi2_IB:20160719152610j:plain

基本のトースト・コーヒー・玉子・サラダ

今回は伊藤さんの全面協力のもと、「カフェ・お茶かつ ベニ」のモーニングメニューの全貌を写真で紹介する。

『メシ通』読者の皆さん、どうかついてきてくれ! 決して飽きさせないから。

f:id:Meshi2_IB:20160719152653j:plain

まずはベーシックなモーニングから。コーヒー(または紅茶)とトースト、ゆで卵が付くセット「No.4」(390円)。これに+10円で日替わりの1品が付く「レギュラーモーニング」(400円)になる。

f:id:Meshi2_IB:20160719152710j:plain

手作りのシフォンケーキとトーストが付く「シフォンケーキモーニング」も400円。こちらも人気だという。

f:id:Meshi2_IB:20160719152839j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。