ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都会の喧騒から逃れたいあなたへ贈る素朴で穴場なフィリピン離島特集

DATE:
  • ガジェット通信を≫


信じられないくらい綺麗な海と少年。

こんにちは、Compathy MagazineライターのMayumiです。
猛暑に、仕事に、勉強に、人間関係…。日々疲れが溜まっている人もいるのではないでしょうか? そんな疲れた心を癒してくれる楽園がフィリピンの離島に数多く存在します。素朴で何もないけれど、果てしなく続く美しいビーチと満天の星空、静寂、そしてローカルの優しさに触れ、身も心も癒されること間違いないです。

今回は、Compathyログブックの中からフィリピンの穴場離島を厳選してご紹介いたします。

カラバオ島

近年、外国人に大人気のボラカイ島。そのわずか北5㎞のところにあるカラバオ島は、知る人ぞ知る秘島のビーチリゾート。観光客は極めて少ないため、時にはビーチ独り占めなんて贅沢なこともできちゃいます。その美しさと何もない静寂に、ただ身の委ねてみるのはいかが?

Tomoka Aono「ボラカイ・・・のお隣の隠れスポット!カラバオ島で、地球と遊ぶ一日!」

マラパスクワ島

マラパスクワのビーチ
セブ島北端に位置するマラパスクワ島。まだまだ馴染みの薄いこの島は、最近まで電気がまともに使えなかった事情もあって、観光客が少なくのんびり過ごせるローカルリゾート。とびきり美しいホワイトサンズビーチに透明度の高い遠浅の海。また、ここでしか見られない貴重なニタリザメウォッチングも可能です。

Kazuhiko Sasaki「マラパスクア島」

カミギン島

カミギン・ホワイト島
ミンダナオ島北部に浮かぶカミギン島。この小さな火山島には、ホワイトサンズビーチや澄み渡った美しい海、雄大な滝などの大自然もさることながら、火山性の温泉(冷泉)も楽しめるという意外なアクティビティが売りの穴場リゾートです。

Kohei Mikami「フィリピンの大自然!カミギン島一周」

バリカサグ島

バリカザク名物のギンガメアジの群れを間近で
フィリピン中央部のボホール海に浮かぶバリカサグ島。まだまだなじみが薄い無人島ですが、ギンガメアジやバラクーダーの大群のトルネードに遭遇できることがこの島最大の魅力。近年ダイビングスポットとして注目を浴びています。

Daisuke Taniwaki「ドンソール&バリカサグ」

フォーチュン・アイランド

安心してください。ここはフィリピンです

マニラから日帰り可能なローカルに人気のフォーチュンアイランド。古代ギリシャ風建築がそびえたつこの島は、その異質な魅力で人々を魅了します。ここではシュノーケリングやダイビングのほか、キャンプやバーベキューなどのアクティビティが楽しめます。

Mayumi「フィリピンにまさかのパルテノン神殿??噂のフォーチュンアイランドに潜入!」

おわりに

これらの島々には、観光スポットにありがちな豪華さや便利さ、贅沢なサービスはまずありません。あるのは手つかずの自然とあるがままの海、空、そして素朴で人懐っこいローカルの人々です。

何もないからこそ得られる何か。たまには、都会の喧騒からしばし開放されて、時が止まったような島時間に癒されながら、心の洗濯をしに訪れてみるのはいかがでしょうか。

フィリピンへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら)

ライター:Mayumi

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP