ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水原希子 天安門中指写真に「いいね!」で謝罪の背景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「皆さんこんにちは。私はオードリー・キコ・ダニエルです。私はここに、全ての中国の『朋友』に対し、最大級の謝罪を表します」。カメラに向かって3秒間ゆっくりと頭を下げ、神妙な顔つきで話し始めた女性は、女優の水原希子(25才)だった。

 7月15日、彼女は中国の動画配信サイトに5分間の謝罪メッセージを投稿した。本名を名乗り、英語で語りかけたこの動画は、再生回数30万回を超えてなお視聴者を増やしている。

 発端は、中国のアーティストが天安門に中指を立てている写真作品に、水原がインスタグラムで「いいね!」とつけたこと。これが、中国内のネットユーザーからのバッシングを引き起こしたのだ。

「同時に水原が靖国神社に参拝していたとされる写真まで出回り、中国人から“侵略戦争を美化している”と叩かれた。彼女の謝罪は、これら一連の騒動を受けてのものでした」(在中ジャーナリスト)

 水原は動画で、靖国神社の写真が自分ではないことを明かし、こう話した。

「私は現在日本で住んでいますが、生まれはアメリカです。父はアメリカ人、母は日本で生まれた韓国人です」

「私は2才の時に家族で神戸に移りました。多元的な文化を背景にして育ちました。異なる人々の中でのお互いを尊重する大切さを貴いこととしてきました」

「在日中国人の友達もたくさんいます。とても親しく私を気遣ってくれます。中国の歴史と魅力的で興味深い文化を知ることができました。私は決して中国の朋友を裏切ったりしていませんし、する意図もありません」

 彼らの誤解を解きたい──そんな想いのこもったスピーチだったが、水原にとって中国は無視できない国でもあった。

「ファッション業界や映画を含め、今や中国市場が世界を席巻しています。海外のトップモデルがパリではなく中国を目指す時代です。女優とモデルを両立する希子さんにとって、中国人に敵視されたままの状況は非常によくない。彼らの苛烈な反日感情をそらすためには“母が韓国人”ということを隠すより“日本人ではない”という出自を打ち明ける方がいいと判断したのでしょう」(ファッション業界関係者)

 だが、水原には誤算があった。カミングアウトした彼女を、今度は日本のネット上に巣喰うレイシスト、通称“ネット右翼”が袋叩きにしたのだ。

《日本に寄生して日本人の振りをして仕事して。韓国帰れよ。要らないから》
《こんな奴に日本人面されても迷惑。クソ外国人が》
《アメリカ人と韓国人のハーフで日本人要素0なのに、なんで日本名で日本で活動してるんだよ》

 目を背けたくなるヘイトスピーチの数々。バッシングを浴びながら、それでも水原はアジアの人々に寄り添いたいと強い思いを持ち続けているという。

◆嫌がらせは日常茶飯事

 水原は1990年、油田の街で知られるテキサス州・フォートワースで生まれた。母親はアメリカン・エアラインのCA。父親は音楽と自由を愛する“ヒッピー”だったという。

 水原の名前は、オードリー・ヘップバーンの大ファンだった父親が命名した。「将来、世界で活躍する大女優になるように」。そんな願いが込められていた。

 水原が2才の時に一家は日本へ。神戸市に移住した。英語と日本語が飛び交う家庭に育った水原にとって、学校はつらい場所だった。

「本名で通学していたのですが、名前に加えてあのルックスですから。“あいつはハーフだ”といじめを受けてきたんです。クラスメートからわざと違う集合時間を教えられて遅刻してしまったり、嫌がらせは日常茶飯事だったといいます」(水原を知る芸能関係者)

 外国籍の人間が日本で暮らすとはどういうことか。いまだに残る差別や偏見だけでなく、制度の上でも壁がある。

 日本で生まれ育とうとも、彼らには日本に戸籍がなく、参政権もない。子供の義務教育就学通知書も来ない。在留カードの常時携帯義務を課せられ、破れば最悪、本国に強制送還される。役所の書類、銀行口座の開設、全て日本人の数倍の手間がかかる。例えば戦前から日本に住み、特別永住権を持つ在日韓国人でさえ、1960年代後半まで健康保険にも入れなかった。

 水原もまた、同じ境遇で生きてきた。韓国人の母、アメリカ人の父。日本に住みながら、帰属する場所がない。水原は思春期になると「アイデンティティーの壁」にぶつかった。 自分は一体何者なのか――救ったのは母の教えだった。水原は6月、『AERA』のインタビューでいじめに泣いた過去を振り返り、こう語っている。

《「あなたは他の誰とも違う世界でたったひとつのかわいさを持っているんだから、自信を持ちなさい」と言ってくれて。その言葉がずっと心の支えだった》

 中学に入り、モデル活動を始めた水原は、仕事場でさらなる希望を見つけた。

「モデル業界はハーフのかたがたくさんいますから。みんな自信を持って生き生きとしている。彼女たちを見て発奮したそうです。“国籍なんて関係ない。私だってやれる”って」(前出・芸能関係者)

 2010年に映画『ノルウェイの森』のヒロイン・緑役に抜擢されると、その思いはより一層強くなった。監督はベトナム人のトラン・アン・ユン。演技経験のない水原は監督の熾烈なダメ出しに耐えながら緑を演じきった。作品は世界50か国で公開され、中国や韓国だけでなく、欧州各国で絶賛された。

「外国人の監督が日本の小説を映画にし、世界に勝負していく。その姿に刺激を受けたそうです。国籍がどこかなんてもはやナンセンス。“日本に住み、韓国人の母を持ち、米国籍の自分が世界に羽ばたいていくことに意味がある”と彼女はよく話していました」(前出・芸能関係者)

 その言葉通り、以降の水原はモデルと女優の両輪をフル稼働し、破竹の勢いで世界に羽ばたいていった。『ヘルタースケルター』(2012年)、『進撃の巨人』(2015年)と海外で注目を集め、今年は『信長協奏曲』『高台家の人々』など話題作に出演。複数の次回作が控える彼女の目下の夢は、中国映画界の巨匠、ウォン・カーウァイ監督の作品に出演することだと公言している。冒頭の動画は、水原のこんな言葉で締めくくられた。

「私たちはそれぞれ異なった文化的背景を持っています。私は信じています。より多くの相互理解、愛と平和がわれわれをさらに近づけ、世界の平和をよりよくすることを」

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
ソウルの中国人留学生「3年経つのに韓国人友達1人もいない」
アジアで8割超が日本に好印象 中韓だけ日本嫌いの現実あり
客の60%が中国人の韓国ホテル 彼らがうるさいと苦情絶えず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。