ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松聖容疑者 マイルドヤンキーな素顔と拡大した妄想&大麻

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 神奈川県のJR相模湖駅から車で川沿いに15分。コンクリート造りの平屋や二階建てが何棟も連なる施設がある。それが、7月26日未明に起きた大量殺人事件の現場になった障害者福祉施設「津久井やまゆり園」だ。

 殺人未遂などの疑いで逮捕された植松聖容疑者(26才)はこの施設の元職員。植松容疑者は警察の取り調べに対し、「障害者なんていなくなればいい」という旨の供述をしているという。今年2月には、衆議院議長公邸に「私の目標は重複障害者が安楽死できる世界」「今こそ革命を」「作戦内容」などと書かれた殺人予告文書を渡している。植松容疑者の中の狂気。その原点は──。

 植松容疑者は一人っ子として、東京・日野市の多摩平団地で生まれた。多摩平団地が竣工したのは1958年(昭和33年)、日本が高度経済成長をスタートさせた頃。

 団地で3人が暮らすのは手狭になったのか、両親は念願の一戸建てを購入。植松容疑者は生まれてまもなく、「津久井やまゆり園」から約500mのところにある現在の自宅に引っ越してきた。

「聖くんの夢はずっと小学校の先生になることでした。地元・相模原の公立高校を卒業したあと、“教員免許がほしいから”といって都内の私立大学に進学。教職課程をとっていました」(植松容疑者の友人)

 しかし、この頃から、植松容疑者の様子は変わっていった。

「はじめはワンポイントで刺青をいれたんです。よほど気に入ったのか、背中から胸、腕にかけて、どんどん彫り足していきました。“彫るのにお金がかかってしょうがない”なんて言ってました」(別の友人)

 植松容疑者の父親は、都内の小学校で図画工作の教師をしている。父の背中を見て育った容疑者が教師を目指すのは自然なことだった。大学の教職課程では教育実習も経験した。

「実習では家のすぐ近くの母校の小学校に行ってました。児童数は80人もいない小さな学校です。気さくで明るい聖くんはすぐに“児童の人気者になった”って喜んでいました。でも、結局は教職員免許を取得することはできなかったんです。ものすごくショックを受けていました」(前出・友人)

 夢を絶たれた植松容疑者は大学卒業後、大手飲料メーカー関連の配送会社に勤め始める。配送車を運転し、缶やペットボトルを自動販売機に補充する仕事をしていたが、「給料が安い」と半年で辞めた。近所の評判は、礼儀正しくて、優しい青年。しかし、両親とも溝ができていく。

「家族3人暮らしでしたが、4、5年前から親子げんかの声が頻繁に聞こえるようになりました。近所まで響くぐらいの。その直後にご両親は八王子市のほうに引っ越しされ、聖くんが1人、戸建ての自宅で暮らすようになりました」(近隣住民)

 フェイスブックやツイッターに、友人と一緒に写っている写真が多数アップされている。皆一様に肌を浅黒く日焼けさせ、威嚇するような目つきで写る友人も少なくない。

「成人式のとき、袴を着た地元の仲間たちと軽トラの荷台に乗って一升瓶の日本酒を回し飲みしながら町を走ってましたね。その軽トラが駅前でひっくり返って、えらい騒ぎになってましたよ。暴力団だとか愚連隊だとか、そういうのではありません。ちょっと強がって不良ぶっている感じ。地元のつきあいの長い仲間たちとつるむ、いわゆる“マイルドヤンキー”でした」(前出・別の友人)

「津久井やまゆり園」に非常勤として働き始めたのは2012年12月。翌年4月に常勤の社員となった。ところが昨年1月末、ツイッターに背中の刺青写真をアップし、《会社にバレました》と書き込んだ。

 そして、今年2月19日に突然退社している。その日、彼は《会社は自主退職、このまま逮捕されるかも…》と書き込んでいた。全国紙社会部記者が言う。

「この2月18日の勤務中に“重度の障害者は安楽死させたほうがいい”と発言したので、翌日に施設は警察に通報、市は20日に彼を緊急入院させました。その時、尿から大麻の陽性反応が出た。診断は大麻精神病や妄想性障害。その後、反省の弁があったので、家族と同居するという条件で退院させたんです」

 しかし彼は退院後も家族とは暮らさず、一人暮らしを続けていた。なぜその時に刑事事件にならなかったのか──。植松容疑者は学生時代から薬物を常用していたという。

「大学時代からだと思いますが、地元・相模原のクラブで、うつろな眼をしている植松くんをよく見かけました。彼はヒップホップやレゲエ音楽が好きで、よくクラブに来ていましたが、そこで合法ドラッグを吸っていたんです」(前出・別の友人)

 犯行のあった26日夕刻、植松容疑者の父親に直撃すると、「私たちにもまだ何もわかりません」と言うのみだった。幼い頃から植松容疑者を知る地元住民が言う。

「この集落周辺の人々は、52年前にできた『やまゆり園』に経済的に依存しているところがあります。住民の雇用先であり、理髪店や食料品店などにとっては取引先です。もしかして植松くんは、“やまゆり園の入居者たちに自分の大切な地元が支配されている”という妄想を抱いたのかもしれません。だから、知的障害者の人に敵意を抱いたのか…」

 犠牲者は無抵抗の知的障害者ばかりだった。躊躇なく刃をつきたてる26才の青年。日本社会の抱える闇は深い。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
高橋克也容疑者 麻原への強い信仰心背後に菊地直子との別れ
海老蔵殴打のリオン容疑者 10年前に傷害致死事件で逮捕歴が
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP