ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外旅行の前に確認しておきたい変圧器と変換プラグの基本情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内で必要なく海外で必要な機械(道具)のひとつに変圧器とプラグが挙げられます。これが意外と勘違いしやすく、トラブルの元になることも。

私の体験談も織り交ぜながら、変圧器と変換プラグの説明をしたいと思います。

 

そもそも変圧器と変換プラグとは

Photo by 新田浩之

海外に行ったことがない方は、変圧器と変換プラグを知らないこともあるかもしれません。まずは変圧器と変換プラグが何者か、というところから始めましょう。

海外の多くの国では、日本とは異なる電圧を採用しています。また、プラグの形状も異なることが多いですね(むしろ日本のプラグ形状は世界では少数派です)。つまり多くの場合、普段使っている機械をそのまま海外に持って行っても使えないのです。

 

そこで登場するのが、変圧器と変換プラグ。変圧器は電圧を変える機械で、日本と電圧が異なる国でも変圧器を用いることで、日本で使用している機械を海外で使用することができます。多くの変圧器には変換プラグが付属しているので、ほとんどの国で使用することができます。

変換プラグは、片方はその国が採用しているプラグ、片方は日本のプラグ。電圧が異なる場合は変換プラグを用いても使用することができないので、ご注意ください。

Photo by Kārlis Dambrāns

 

変圧器が必要な機械とそうでない機械

Photo by 新田浩之

ややこしいことに、日本では変圧器が必要な機械とそうでない機械があります。変圧器が必要でない機械の代表格が、パソコンやスマートフォン。これらの電源プラグは対応電圧が100V~240Vまで対応しているので、変圧器がなくても海外で使うことができます。

電源プラグや機械に付いているシールに「対応電圧100V~240V」と書いてあったら、変圧器は必要ありません。

一方、変圧器が必要な機械は「対応電圧100v~240v」と書いていない機械です。旧型の携帯電話やドライヤーは必要ですね。

 

プラグから煙が出る?定格容量のお話


Photo by 新田浩之

「よし、変圧器を買った。これで全ての機械を使えるのでしょ」いやいや、ちょっと待ってください!容量はチェックしましたか?変圧器はそれぞれ対応できる容量が決まっています。

もし変圧器の定格容量を超えて使用すると、プラグから煙が出てその機械を使用することができなくなります。

 

チェックは簡単。まずは変圧器に書いてある「定格容量」をチェックします。次に、海外で使う機械の消費電力をチェックします。変圧器の定格容量>機械の消費電力になっていればOK。ただし、変圧器の定格容量の8割くらいに留めておきましょう。

 

最後に

もし変圧器や変換プラグで分からないことがあれば、積極的に電気屋の店員に尋ねましょう。海外で日本の機械に合った変圧器や変換プラグを買うのは至難の業。間違いのないように慎重に購入してくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

海外でのスマホ利用で気をつけるべき4つのこと
ひみつ道具「ほんやくコンニャク」がついに実現?全く新しい自動翻訳機が登場
一見なんの変哲もないパーカーが実は超便利!アメリカで話題の◯◯パーカーって⁉︎
「素敵な人生にする秘訣!?」なりたい自分に近づける “BUCKET LIST” を持って旅に出よう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。