ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5万円台で行ける豪華クルーズ旅が流行中?貧乏バックパッカーの僕がその魅力に取り憑かれた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。TABIPPOの浦川です。

僕は学生時代に世界一周をし、これまで30カ国ほどを訪れたことがあるのですが、いつもバックパックを背負っての旅ばかりで限られた予算と戦いながら旅をしていました。

もちろんバックパッカーにはバックパッカーなりの楽しみがあります。

しかし先日、豪華クルーズ「マリナー・オブ・ザ・シーズ」に乗って上海へ行ってきたのですが、すっかりクルーズ旅の魅力に取り憑かれてしまいました!

 

日本ではまだまだ若者には馴染みのないクルーズ旅ですが、実は海外ではめちゃくちゃ流行っているようです。

先日もTBSの”マツコの知らない世界”にて新造船のハーモニー・オブ・ザ・シーズが紹介されていました。バックパッカーのみなさん、これからはクルーズですよ!

 

今回乗ってきたのは「マリナー・オブ・ザ・シーズ」

photo by ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

僕が乗ってきたのはロイヤル・カリビアン・インターナショナルいうクルーズ会社が運営する「マリナー・オブ・ザ・シーズ」という客船です。

これはアジアのクルーズでは大級の大きさで、乗客定員数はなんと3,000人を超えるそうです。全長はなんと310m。東京タワーの高さが333mなのでそれに匹敵するほどの大きさです。

乗船した横浜港に停泊しているときの写真なのですが、大きすぎて船なのかどうかすらわからないレベル。

前から見るとこんな感じ。かっこよすぎる…!

 

船内はもう外国!陽気な外国人スタッフがおもてなし!

photo by ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

乗船時には空港と同じようにパスポートチェックを済ませます。今回は横浜から上海までの船旅だったのでもちろん普段の海外旅行と同じように出国審査・入国審査が必要です。

海路での国境越えは初めてのことだったのでドキドキしていたのですが、とてもスムーズに手続きを済ませてくれたので海外旅行初心者でも安心だと思います!

 

船内のスタッフは基本的には外国人。アジア系から欧米人まで、1000人 以上もの乗組員がおもてなしをしてくれます。

マリナー・オブ・ザ・シーズのスタッフは日本語が話せる人も多く気軽に「コンニチハ」「イラッシャイマセ」と声をかけてくれるので英語や外国人に抵抗のある人でも安心です。

 

船内は、とにかく豪華!

船内の様子を少し紹介しましょう。まずはこちらは通路です。

マリナー ・オブ・ザ・シーズは14階建なのですが、5階にあるメインフロアにはこんなふうに長い通路が通っています。そこにはカフェやバー、ブランドショップなどが立ち並び、まるで空港のようですよね。

続いてはダイニングフロア。ここで毎晩ごはんを食べます。こんなところ、日本のレストランでも来たことないですね。この空間にいるだけでお腹いっぱいです。

こちらは部屋の写真。もう、完全にホテルです。

今までは安宿やゲストハウスでの共同ドミトリーしか泊まったことがなかったのですがまさかこんな部屋に泊まれる日がくるとは!

もちろん、窓から見えるのはキレイすぎる海。

 

おいしい世界のご飯が食べ放題!

旅の楽しみと言ったら食事。そんな人も多いはず。まず驚きなのが、船内での食事は全て無料!無料ですよ!

食費はクルーズ料金に全て含まれているので値段や量を考えながらメニューを選ぶ必要がありません。※もちろん僕の体重は増えまくりました…

船内には大きく2種類のレストランがあります。まずはこちらのビュッフェレストラン。

こんなふうに、好きなものを好きなだけ取って食べる方式です。ビュッフェレストランは基本的には好きなときに利用可能なので朝昼晩だけに限らず少しお腹がすいたときなど自分の都合に合わせて食事ができるのがポイントです。

さらに、ルームサービスも無料でオーダーができちゃいます。客室のバルコニーで海を眺めながらゆっくりモーニングなんていかがですか?

もう一つ、上でも紹介したメインダイニングに行けばコース料理が注文できます。もちろん追加費用などは一切必要ありません。ここでの食事は時間が決まっていて、朝昼晩の指定された時間内に行けばスタッフが席まで案内して注文を取ってくれます。

サラダに肉や海鮮、デザートまで超豪華料理勢揃い。しかもコース料理なのにおかわりや追加の注文ももちろん無料です。

もちろん、スイーツも食べ放題です。こんなときくらいは体重を気にせず、好きなだけ食べまくるのもいいかもしれませんね!

メインダイニングではほかの乗客と相席でご飯を食べることもよくあります。仲良くなった人とご飯をシェアして食べるのもいいかもしれません。

スタッフも気さくに話しかけてくれます。旅の醍醐味はむしろ出会い。1人でも十分楽しめますよ!

 

楽しいショーやジャズバンドが楽しめる

photo by ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

船内では色んなショーが行われています。特におすすめなのはアイススケートリンクショー。

実は船内には世界で唯一スケートリンクがあり、そこでダンスショーが行われています。もちろん、ショーの時間以外はアイススケートを楽しむこともできますよ。

他にも船内ではマジックショーや著名人によるトークライブが行われたりとコンテンツには事欠きません。

時間を問わず、場所を問わず、ジャズバンドの演奏も船内のいたるところで行われています。カフェでゆっくり本を読みながら音楽鑑賞、なんてのもオシャレですね。

 

カジノにスポーツ!遊びもいっぱい楽しもう!

他にもカジノやジム、スポーツコートにプールなどアクティブに遊びたい人でも楽しめるコンテンツも盛り沢山です。

ご飯を食べるのも部屋に戻って休むのも自由なので、自分の好きな時間に好きなことをしておもいっきり楽しんじゃいましょう!

 

そして、なんといっても安い

これだけ充実した船旅だったのですが、なんと料金は58,000円!

4泊5日で食べ放題遊び放題でこの値段は本当にびっくりです。しかもこれ、中国までの渡航費も入ってますからね。このくらいの値段だと学生のお財布にもやさしいですね。

 

クルーズ旅、始めてみませんか?

今回初めてクルーズに乗船して、本当に船旅の虜になりました。もう、快適すぎる!

ぼくは上海についてから街中を散策して帰国したのですが、そのまま中国、東南アジアへと旅を続けることも可能です。また、目的地に付くまでにいろんな都市に寄港するのでそこで一時下船して、寄港地で観光することも可能です。

冒頭でも紹介しましたが、先日TBSの”マツコの知らない世界”では世界最大客船のハーモニー・オブ・ザ・シーズが取り上げられていました。

こちらは今年10月まではヨーロッパ発着の地中海クルーズで、11月以降は常夏のカリブ海へ移動し、フロリダ発着クルーズを行います。気になる方はこちらから覗いてみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

国際線への液体物の機内持ち込みルールまとめ
フライトの「朝早すぎる問題」はこれで解決!深夜or早朝に成田空港へ行く5つの方法
むくみよバイバイ!長距離を移動する時の6つの対策
国内発券の燃油サーチャージがゼロになる!旅に出るなら4月以降がおすすめです

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP