ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コールドプレスジュースとスムージー、どっちが体に良いの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさん今さらですが、コールドプレスジュースとスムージーの違いってご存知でしょうか。もう恥ずかしくて誰にも聞けないという方もいるかもしれません。コールドプレスジュースとスムージー。どちらもいま大人気の2大ヘルシードリンクですが「一体どっちが体に良いのか」という質問が多く、比較してみました。

ジューサー(コールドプレス)で作るジュースの特徴

繊維とジュース(水分)を分けて、野菜や果物のエキスだけを抽出することができるので、1つの野菜や果物から抽出される水分量は多くはありませんが、一定量を摂取するためにはより多くの原料を必要とするため、たくさんの野菜や果物を摂取することができます。また葉野菜など一見水分の少ない野菜などからもジュースを抽出することができます。繊維を取除く事で、消化機能に負担をかけることなく、栄養や糖分をすぐに吸収することができるので、すぐにエネルギーを高めたい人にオススメです。ただしフルーツを入れすぎると血糖値が急激にアップする可能性もあるので注意しましょう。出来ればフルーツがあまり入っていないグリーンジュースを摂取することをオススメします。デメリットとしては食物繊維などによる歯ごたえやボリュームがないため、空腹感を満たすことは出来ないこと。すぐにお腹が減ってしまうのが難点です。また繊維分はゴミになるため、人参一つとっても大量のカスが出てしまうのも問題です。

ブレンダー(スムージー)の場合

すべての材料を混ぜるので、より多くの繊維がとれ、栄養や糖分がゆっくりと吸収されることで、血糖値を安定させ、より満腹感を与えてくれます。またジューサーよりも簡単に手早く作れるため、朝食にピッタリな飲み物です。満腹感があるので、ダイエット中の人にはオススメです。チアシードやヘンプなどを混ぜるのも◎です。ただし、野菜や果物以外にベースとなる水分(水、氷、ヨーグルト、アーモンドミルクなど)が必要です。水と混ぜると、なんとなく薄まった感じがしてしまうのも難点かもしれません。ただ、ゴミが少ないのはこちらです。

大切なのはレシピ!体にあったレシピを探そう

いずれにせよ、ポイントはレシピになります。体に合わない野菜や果物を摂る必要はありませんし、野菜や果物もなんでも混ぜれば良いというわけではなく、組み合わせによっては美味しくないだけでなく健康に良くない場合もあるからです。

消化力が落ちているときはジュース、朝食替わりにと考えるならスムージーといった感じで、使い分けられるようにしましょう。

writer:ベターマルシェ

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP