ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MICHI、中国・上海の人気イベント『Bilibili Macro Link 2016』出演で会場熱狂!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MICHIが7月24日、中国・上海のメルセデスベンツアリーナにて行なわれた『Bilibili Macro Link 2016』に登場した。

Bilibili動画という中国の動画投稿配信サイトが主催となり開催された、日本のミュージックカルチャーを中心に紹介する人気イベント『Bilibili Macro Link 2016』。2013年から始まり、今年で4回目を迎える一大イベントである。今回は7月23日から2日間に渡って開催され、一日目には現地の人気アーティストと日本から招待されたももいろクローバーZやまじ娘など、J-POPや動画サイトの歌い手を中心としたアーティストが、二日目は藍井エイルやMay’n、Angela、新田恵海、上坂すみれをはじめとした、日本の人気アニソンシンガー総勢12組が出演した。また、7月24日は『Bilibili Macro Link 2016 STAR☆PHASE』と題して、アニソンを中心としたライブを開催。チケットは7秒でチケットが完売するなど、年々その人気と規模は拡大している。

そんな中、当日大きな声援を受けたのは、7月22日にデビューして1年が経ったばかりのアニソンシンガーMICHIだった。この日に歌唱した楽曲は3曲。彼女が担当した作品はどれも海外で高く評価されており、日本の駄菓子文化を世界に広めるきっかけとなったTVアニメ『だがしかし』のOPテーマ「Checkmate!?」が流れると、会場は割れんばかりのコールに包まれた。

そして、MCではアニメを通じて世界のファンと繋がれる喜び、そしてアニメの制作に携わる人たちへの感謝の気持ちを覚えたばかりの中国語で伝えたMICHI。続いて披露したのは、現在放送中のTVアニメ『クロムクロ』のEDテーマ。さらにラストに、アジア各国の動画配信サイト人気再生ランキング上位にランクインしたTVアニメ『六花の勇者』のOPテーマ「Cry for the Truth」を披露すると、観客の熱は最高潮に達し、会場中がサイリウムと拳を振り上げた。アメリカ、インドネシア、シンガポール、タイなど海外での怒濤のライブ経験を活かし、天真爛漫に何度も観客に向かって「カイシンマー?(楽しんでる?)」と呼びかけるMICHIに、会場は「カイシンー!」と割れんばかりの歓声に包まれた。

MICHIは9月21日にはファーストアルバム『Sprint for the Dreams』をリリース。国内外で評判が高まるなか、記念すべきファーストアルバムは自身の1年目の集大成として世界中から注目が集まりそうだ。

【コメント】
■MICHI コメント

「デビューして1年が経ってすぐの舞台がまさかの海外で、しかもこの1万2000人が集まるメルセデスベンツアリーナなんて、何よりも嬉しいご褒美でした。ペンライトの光がすごく綺麗で、舞台からこんなにみんなの顔が見えるんだ!なんてビックリしました。そして先輩方のステージを見て計り知れない存在感と、みなさんの心を鷲掴みにするパフォーマンスに圧倒されました。こんな素敵な機会をくれた方々、心から楽しんでくれた会場の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。次は皆さんの期待の倍以上のパフォーマンスをしてみせます!」

■范(イベントプロデューサー) コメント

「MICHIさんのステージはとても良かったです。会場にいた半分の人たちがMICHIさんのファンになりました。そして残る半分の人たちはMICHIさんの大ファンになりました。」

【セットリスト】
1.Checkmate!?

2.リアリ・スティック

3.Cry for the Truth

アルバム『Sprint for the Dreams』
2016年9月21日発売

【初回限定盤】(CD+DVD+PHOTOBOOK)

PCCG-01534/¥3,800+税

【通常盤】(CD ONLY)

PCCG-01535/¥3,000+税

<収録楽曲>

「Cry for the Truth」

TVアニメ「六花の勇者」(2015年7月〜)OPテーマ

「Secret Sky」

TVアニメ「六花の勇者」EDテーマ

「Checkmate!?」

TVアニメ「だがしかし」(2016年1月〜)OPテーマ

「リアリ・スティック」

TVアニメ「クロムクロ」(2016年4月〜)EDテーマ

ほか、全12曲

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP