ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ティンバーレイク、突然“ひっぱたかれ”当然“キレる”

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ジャスティン・ティンバーレイク、突然“ひっぱたかれ”当然“キレる”

 先週末に行われたゴルフトーナメントに出場し、バスケットボール選手のステフィン・カリーと俳優のアルフォンソ・リベイロとともに突然“カールトン・ダンス”(リベイロが出演した90年代の米コメディドラマ『ベルエアのフレッシュ・プリンス』で人気を博したコミカルなダンス)を踊り、ギャラリーを笑わせたジャスティン・ティンバーレイクだったが、その裏ではあまり嬉しくないハプニングも起きていたようだ。米ゴシップ・サイト“TMZ”が伝えている。

 有名人を集めて毎年タホ湖で開催される【American Century Championship】の第27回大会に参加していたティンバーレイク。ギャラリーの間を抜けて歩いていた際、観衆の中にいたある男に突然、右頬を平手打ちされたのだ。TMZのサイトに掲載された映像を観ると、ティンバーレイクがボディーガードとともに歩いていると、観衆の中から手が伸び頬を叩く様子が映っている。ティンバーレイクがその正体不明の男に対し、「おい、なんでこんなことするんだ?」と叫んでいるのも確認できる。

 TMZによると、警察がその男に追いつき場内から退場を命じたものの、これを拒否した男は好戦的になったため治安を乱したとして逮捕されたそうだ。

 ティンバーレイクは、同シンガーにただ“触れたかっただけ”と話すその男について告訴はしないという。スポークスパーソンからのコメントはまだ届いていない。

◎JUSTIN TIMBERLAKE – SLAPPED AT GOLF TOURNEY … FAN ARRESTED.
http://www.tmz.com/videos/0_qz5lto0s

関連記事リンク(外部サイト)

ジャスティン・ティンバーレイク、ウディ・アレン監督の次回作に出演へ
映画『Trolls』予告編でジャスティン・ティンバーレイクの役が明らかに
ジャスティン・ティンバーレイク「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」、5週連続NO.1を獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。