ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カンバーバッチ主演マーベル最新作『ドクター・ストレンジ』、常識破りの驚愕最新映像解禁!【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アベンジャーズ」シリーズ、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』など、世界各国の映画記録を次々と塗り替え続けるマーベル・スタジオが贈る待望の最新作『ドクター・ストレンジ』。マーベル史上最もミステリアスとも言われるヒーローの誕生を描く本作の日本公開が2017年1月27日に決定、それと同時に、常識を覆す驚愕の最新特報とポスターが解禁となった。

https://youtu.be/6ovb9xu7K84

天才的な脳外科医でありながら、不慮の事故で両手の機能を損なわれたストレンジが主人公となる本作。彼は両手を治して天才外科医として完璧だった人生を取り戻そうと様々な治療を試みるが、どんな最先端医療を持ってしても完治する見込みはなく、財産も使い果たしてしまう。しかし天才外科医として名を馳せた華麗な経歴から、職を失い落ちぶれても”アイアンマン”トニー・スタークさながらの”上から目線”は治ることはなく、周囲の人々も離れていってしまう。

解禁された特報の前半では、華麗な天才外科医である彼が突然の事故に遭い、落ちぶれる姿が一気に映しだされる。全てを失ったストレンジが頼ったのは、どんな傷も治せるという魔術師。映像では魔術を必死に学ぶストレンジの姿が描かれる。

そして、見た者を驚愕させるのは、空間を自在に捻じ曲げたり、壊れた街をまるで巻き戻しでもするかのように再生したり、天地が全くわからないような形で高層ビル群を組み替えたりと、我々には想像もつかないほど美しく、常識を覆す大迫力の映像だ。

魔術を取得したストレンジは、強大な敵の登場と兄弟子的な存在であるモルドーの「(世界を救えるのは)お前しかいない」という言葉に「私には不可能だ」と悩みながらもヒーロとして目覚めていく。しかし同時に、プライドが高く傲岸不遜に見えるストレンジだが、人の命を救う医師である彼は、誰一人、敵ですら傷つけられないことに苦悩することになり――。

この映像をいち早く鑑賞したのは、世界中から毎年50万人を動員すると言われる、世界最大級のポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル(San Diego Comic-Con International)」に集まった観客たち。会場では『ドクター・ストレンジ』の特報上映が終了するやいなや、驚きと興奮で会場中が大歓声に包まれていたそう。

主演の人気俳優ベネディクト・カンバーバッチも登壇。会見では「(今までの映画とは)スケールが全く違うよ。今までに演じてきた(アイコン的な)キャラクターとも全く違う。ストレンジは自分が社会的にも人間的にも上の方に居ると思っていて、それに自信を持っている。でも、事故で全てを失った時、自分には何もない事に気がつくというストーリーなんだ」「僕はこんなにも大勢のファンの前に立ったことは無いと思う。しかも彼らは『1日中並んでいた』って聞いて、本当に凄い!って思ったし、彼らと一緒にこの特報を初めてみたんだけど、少しでも喜んでもらえたらいいなと思っているよ。」と語っていた。

敵ですら傷つけられないと苦悩するドクター・ストレンジは、新しいパワーを身につけて外科医に戻るのか?それとも、最強の魔術師として世界を守っていくのか?究極の選択を迫られた時、彼はどんな判断を下すのか!?

映画の常識を覆す、マーベル史上最もミステリアスなヒーローによる、深遠にして魅惑的な冒険が始まる!

『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日(金)、全国ロードショー

(C) 2016 Marvel.

■参照リンク
『ドクター・ストレンジ』公式サイト
http://www.marvel-japan.jp/Dr-strange

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

桐谷美玲の80年代風ボディコン姿が可愛すぎる!「伝説の美脚クイーン」田中美奈子の現役感もすごい「ワイモバイル」CM映像
三浦翔平そっくり!『マツコ会議』に登場した原宿のカリスマイケメン美容師が視聴者の間で話題に 「男だけど惚れた」
『しゃべくり007』りゅうちぇるが明かした「テレビ業界の意外な事実」にレギュラー陣からツッコミの嵐
安室奈美恵のNHKリオ五輪テーマソング「Hero」、ついにMVの全貌が公開!「神々しすぎる」と絶賛の嵐
【27時間テレビ】明石家さんま「ラブメイト」2016年版に「おなじみCM」の女性がランクインし話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。