体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本のインディーゲームシーンをテーマにしたドキュメンタリー映画『Branching Paths』 29日のデジタル配信に先駆け上映会を開催

日本のインディーゲームシーンをテーマにしたドキュメンタリー映画『Branching Paths』 29日のデジタル配信に先駆け上映会を開催

インディーゲーム配信プラットフォーム『PLAYISM』を運営するアクティブゲーミングメディアは7月25日、東京・秋葉原のガジェット通信フロアで映画『Branching Paths』のメディア向け上映会を開催しました。『Branching Paths』は、フランス出身のアン・フェレロ監督が日本のインディーゲームシーンをテーマに撮影したドキュメンタリー映画で、7月29日から『PLAYISM』と『Steam』でデジタル配信を開始します。

branchingpaths_event2

『東京ゲームショウ』が初めてインディーゲーム開発者を主役に据えたブースを展開した2013年から、2015年の『東京ゲームショウ』までの2年間にわたって撮影を実施。日本人のインディーゲーム開発者や日本に在住する外国人の開発者の姿を追い、アン監督いわく「日本のインディーシーンのモザイク」と言える内容になっています。

制作のきっかけとなったのは、Onion Gamesの木村祥朗氏。『moon』『チュウリップ』といったコンシューマー作品の生みの親として知られる同氏は、2012年に米国で開催されたインディーゲームイベント『Independent Games Festival』に刺激を受け、インディー開発会社としてOnion Gamesを立ち上げ。アン監督に同社のプロモーションビデオ制作を依頼する中で、アン監督から日本のインディーゲームシーン全体を描く作品の企画が提案され、2013年の『東京ゲームショウ』から制作がスタートしたとのこと。インディーゲームイベント『BitSummit』で『Million Onion Hotel』『勇者ヤマダくん』と2年連続で新作を発表、インディーゲームシーンをけん引する精力的な活動が紹介されます。

branchingpaths_event4

同作品には、木村氏のほかに2人、日本のインディーゲームシーンのキーパーソンが登場します。1人は、『LA-MULANA』シリーズで知られるNIGOROの楢村匠氏。2013年には『LA-MULANA』の『Steam』での配信を実現し、第1回『BitSummit』と『東京ゲームショウ』に出展、2014年には『Kickstarter』で新作『LA-MULANA 2』の資金調達に成功し、開発者イベント『INDIE STREAM FES』を立ち上げるなど、日本のインディーゲームシーンの中心で活躍していく姿が描かれています。

もう1人は、昨年リリースした『Downwell』が国内外で高く評価されたもっぴん氏。インディーゲーム開発者を志し、開発者イベント『Picotachi(ピコたち)』で試作版の『Downwell』を発表するとたちまち注目を集め、その後は米国のインディーゲームイベント『Independent Games Festival』で学生部門へノミネート、米国のパブリッシャーDevolver Digitalからのリリースと、インディーゲームシーンに華々しくデビューを飾る姿は、この作品の見どころの一つでもあります。

作品には総勢80名近くの開発者が出演し、取材した素材は合計20TB近くにのぼるとのこと。上映会には一部の出演者も参加して完成作品を鑑賞、上映後には拍手を送りました。

Branching Paths : release trailer / ブランチングパズ:リリーストレラー(YouTube)
https://youtu.be/S_VYtvpkfPo

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。