ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモCMに出演中のヴァイオリニスト・川畠成道が「横浜音祭り2016」に出演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモCM「For ONEs」篇に出演中のヴァイオリニスト・川畠成道が、音楽フェスティバル「横浜音祭り2016」の中で、11月3日にフィリアホールで催されるパラ・ミュージック「ミュージック・イン・ザ・ダーク〜障がいとアーツin横浜」に出演する。

「横浜音祭り2016」は9月22日から11月27日までの67日間にわたり、横浜市内全域を舞台にクラシック、ジャズ、ポップス、日本伝統音楽などオールジャンルのプログラムを展開。このコンサートは、照明を完全に消したホールで、視覚障害者と晴眼者の合同メンバーによる弦楽オーケストラによる演奏を、奏者も聴衆も真っ暗闇の空間で「視覚以外」の感覚を研ぎ澄ませて音楽を体験する。川畠は「このステージは皆さんにとっても未体験且つ未知な部分が多いと思います。空気を通じた振動で伝わる“音”を肌で感じてほしい。自分にとっても刺激的なステージになると思う。」と意気込みを力強く語っている。

川畠成道は、視覚障害を負った身ながら、英国王立音楽院史上二人目となるスペシャル・アーティスト・ステイタスの称号を授与されるなど輝かしい経歴を誇り、1999年のデビューアルバム「歌の翼に」がクラシック界では異例ともいえる20万枚の大ヒットを記録した世界的ヴァイオリニスト。またデビュー当初より音楽活動の傍ら、積極的に国内外でチャリティコンサートを行っていることでも知られている。CM中では、様々な人(ケース)にスポットをあてたシーンが連なり、世界はひとりの複数形で出来ていることを表現している。川畠は障がいを抱える者のシーンに登場している。

なお、ヴァイオリン一本での演奏をコンセプトにした13作目となる2015年の最新作「無伴奏の世界」では、桐朋学園大学時代の旧知の仲である作曲家の新垣隆による楽曲「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 嬰ハ短調〈創造〉」が収録され、川畠と新垣による共演も行われた。

「For ONEs」スペシャルサイト
https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/forones/

企業「For ONEs」篇

公演情報
横浜音祭りパラ・ミュージック「ミュージック・イン・ザ・ダーク〜障がいとアーツin横浜」
2016年11月3日(木)青葉区民文化センター フィリアホール 14:00
http://yokooto.jp/program/12-2/

関連リンク

川畠成道 オフィシャルサイトhttp://www.kawabatanarimichi.jp
川畠成道 レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A014195.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。