ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんなのなかった!ユニークすぎるランプ「Maglamp」は東洋的アート感が魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寝室やリビングに置くのに、ちょっとユニークで素敵なランプが、クラウドファンディングサイトIndiegogoに登場している。

・“盆栽”を思わせるようなユニークな形のランプ

「Maglamp」というランプなのだが、一見すると、“盆栽に鳥がとまっている”ように見えるかもしれない。

天然木材の枝が伸び、そこに鳥の形をしたライト、コロンとした卵型のライトが配置されていて、どこか東洋的なアートを思わせる。

・感応センサー、光センサー搭載

この鳥は実はカササギで、中国の伝統的な文化では、カササギは幸運と幸せのシンボルであり、家族の幸福を願うものだという。

ランプには感応センサーが搭載されていて、人が近づくのを検知し、自動的にライトが点灯する。

また、光センサーによって、日中や周囲が明るいときにはオートでライトがオフになる、便利機能付き。

ランプ内部にはリチウムバッテリー、チャージ回路を内蔵。コンセントにつなげば、すぐに充電が開始される。フルチャージまでは30分ほど。

・ライト部分は取り外して、別の場所に設置可能

実は、この鳥型ライト、卵型ライトの部分はマグネット式になっていて、取り外しが可能。付属のマグネットベースがあるので、強力両面テープで壁に固定して設置すれば、ランプ部分だけを取り外してそこへ移す……なんていうことも可能。部屋のレイアウトやニーズに合わせてアレンジできそうだ。

ランプ根元のスタンド部分は、キーやスマートフォン、腕時計など、こまごまとした貴重品の置き場所にぴったり。

・Indiegogoで出資募集中

インテリアとしても、ライトとしても雰囲気たっぷりの「Maglamp」。早期予約価格69ドル(約7260円)~で、木材の材質によって値段が異なる。出荷は9月を予定している。

Maglamp

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP