ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『食べログ』ガイド本編集者が明かす「コスパが良い店」の見分け方

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今や外食先を探すときには欠かせないウェブサービスであり、人気店や名店をチェックしているだけでも楽しい「食べログ」。

この、「食べログ」でお店を調べるとき、必ず確認するポイントの一つが点数だろう。5点満点での評価で点数が高いほど「良い店」となるわけだが、この基準は意外とハードルが高い。

扶桑社から出版された『食べログ3.5点以上の最強コスパ店を一冊にまとめました』では、「3.5点」を基準とした上で、その基準をクリアした東京の名店を紹介している。ではこの「3.5点」とはどんな点数なのだろうか。本書の編集を担当した秋葉俊二さんは次のように語る。

「『3.5点以上』を店選びのひとつの基準にしている人は多いと思います。私もその一人です(笑)。

実は『3.5点以上』は、『食べログ』に掲載されている83万軒の店舗のうち、たった4%しかないんですよ。だから消費者から選ばれた名店と呼んでもおかしくありません」

 

■パフォーマンスが良い店は自然とレビューもアツくなる

 

4%ということは、全体でわずか約3万3千店。となると、それなりの店が残る。ただ、美味しさを求めるならば、やはり多少は値が張ることも覚悟しないといけないだろう。

このムックでは、掲載する店の選定にあたり、「コスパ」(コストパフォーマンス)を重視しているという。しかし、このコスパは人によって実感するレベルが違う。その壁をどうクリアしているのだろうか

「コストパフォーマンスを意識したときに、まずは1人5000円以内という基準を設定しました。

ただ、コスパはお金だけの問題ではないと考えています。食事の美味しさや会計時の満足度、店員のホスピタリティなどを含めて『パフォーマンスがいい』というコメントが出てくると思うんですね。

だから、もう一つ重視したのがレビュアーさんの声です。やはりコスパが良く、美味しい料理が食べられる店は、レビューが自然にアツくなるんですよ。その熱は見逃さないようにしました」

 

■「食べログまとめ」からもピックアップ 新たなお店との出会いを演出

 

このムックのもう一つ大きな特徴は「食べログまとめ」編集部による、テーマ別おすすめ店の紹介が掲載されている部分だ。

そこに並んでいるのは「立石駅のおすすめの昭和居酒屋」「女子も行ってみたいせんべろ居酒屋」「デートで使える焼肉・焼鳥+肉割烹」「神田にある老舗カレー名店5選」など全14テーマ。

「『食べログまとめ』は『食べログ』の人気レビュアーさんやスタッフが投稿する、いわば食の『まとめサイト』です。ガイドブックに似合わず、かなり特徴あるお店選びがなされているので、自分の好みにあるテーマで選べますし、新たな出会いもあるはずです」

とは秋葉さんの談。メニュー別だけでなく、「吉祥寺」「銀座」「新宿」「恵比寿」など、地名別のテーマのまとめも掲載されているので、もしその街に行くことがあれば参考になるはずだ。 0 

■『食べログ』ガイドブック編集者がおすすめする名店とは?

 

どんなガイドブックを読んだとしても、最終的に店選びはその人のグルメ感性に委ねられる。しかし、どんなシチュエーションでも対応できるのがこのムックの強みであり、「行きたい!」と思う店がたくさん見つかるはずだ。

最後に、秋葉さんおすすめの「食べログ」3.5点以上の最強コスパ店を紹介してもらった。

「まずは、西武池袋線富士見台駅にある『焼肉問屋 牛蔵』です。注目は特選7種盛り合わせ。2〜3名用なのに3400円(税別)でこだわりの高級国産黒毛和牛が味わえるんです。私も焼肉は好きでよく食べてきましたが、こんなに安くてボリュームのある店があるのかと、感服しました。

もう一軒、新宿三丁目にある居酒屋『西尾さん』。出汁の染み込んだ静岡おでんはどれも絶品で一本130円とリーズナブルで、ほかの一品料理も手の込んだもので満足度高し。さらにご主人の笑顔がこれまた“美味しい”。居心地も良くて、楽しいひとときを味わえます」

気になったら、ぜひ行ってみてはいかがだろうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

大手広告代理店 「下っ端」に回る過酷な仕事

表現力と演出力だけじゃダメ!クリエイターが売れるために必要な力

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP