ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】メリッサ・マッカーシー、アダム・サンドラー、ジョディ・フォスターらがテレビ番組でハン・ソロのオーディションに参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オールデン・エアエンライクは、映画『スター・ウォーズ』シリーズの新作スピンオフ版で若き日のハン・ソロ役を演じることが公式に決まった。しかし、キャスティングの過程は簡単ではなかったようだ。彼は、誰もが切望するこの役を、超一流の俳優たちから勝ち取らなければならなかった。

先週末に放送された米TBSのトーク番組『Conan(原題)』にて、メリッサ・マッカーシー、ビル・ヘイダー、ウィル・アーネット、ジェフ・ゴールドブラム、アダム・サンドラー、50セント、ジョディ・フォスター、テレビ番組『シリコンバレー』のトーマス・ミドルディッチやクメイル・ナンジアニらが、かの有名な密輸団のベストを身に付け、このシリーズの一員なろうとした。映画『ゴーストバスターズ 』のマッカーシーはウィッグを着用し、オーディションの通過に強い自信を持っていたが、同シリーズを映画『ハリー・ポッター』シリーズと勘違いし、また、パーセク(距離の単位)が何であるのか分からず、パースニップ(野菜)と勘違いしている。

「パースニップの方が面白い。パーセクなんて誰も知らないわよ」と、マッカーシーはキャスティング・ディレクターに語る。

この映像の最初に登場したヘイダーは、違ったアプローチでハン・ソロを演じようとした。ヘイダーは、「彼は若いんだよね?」と最初に訊ね、「母さん、俺はケッセルランを16パーセクで飛びたいんだ!」と、悩める10代になりきった。

サンドラーは、映画『アダム・サンドラーはビリー・マジソン/一日一善』のビリー・マジソンをオーディションで演じ、ゴールドブラムは、絶世期のゴールドブラムで役を得ようとする。「もし私がこの役を得たなら、私は本当にリサーチするよ。だからもう少しだけ信憑性を与えられると思う」(ゴールドブラム)。

オーディションの全シーンは上の動画から。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP