体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

8/1付ビルボードジャパンチャートおよび7/18〜7/24 RADIO ON AIR DATA発表

8/1付ビルボードジャパンチャートおよび7/18〜7/24 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による8月1日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年7月18日〜7月24日)および2016年7月18日〜7月24日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

KinKi Kids「薔薇と太陽」、セールス1位、Twitter2位でE-Girlsを押さえ総合首位

3形態で発売されたKinKi Kids「薔薇と太陽」は、吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)が作詞作曲を担当、「KinKi Kids 20th Anniversaryキャンペーン」の第1作という話題性も相まって、シングルを18.7万枚売り上げてセールス1位、約46,000ツイートを集めたTwitter2位の2指標が牽引し、総合JAPAN Hot100首位を獲得した。

E-Girls「E.G. summer RIDER」は、TwitterとMV再生回数の2指標が引っ張り、総合Hot100に16位で初登場後、27位→100位→52位→2位(今週)と順位を乱高下させていた。パッケージ発売週となる今週では、3形態で発売されたシングルを5.7万枚売り上げて2位、ダウンロード3位、ストリーミング9位となるなど、全指標で万遍なくポイントを積み上げたが、KinKi Kidsのシングル・セールスのポイントを覆すには至らなかった。

今週ダウンロードで1位となったのは、アニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』OP、藍井エイル「翼」。シングル盤を購入する傾向が強いコアファン以外にも、ラジオ22位、Twitter18位など、ダウンロード以外でも高ポイントを獲得、新たなファン層を拡げつつあることが分かる。

10位以内にNissy(AAA西島隆弘)による「ハプニング」と「まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL」2曲がチャートインしている。これは、フジ系月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』でも共演した有村架純がMVで共演したことが大きく話題となって拡散、動画再生数を伸ばし、Twitterでも1位、3位となったことが大きい。ダウンロードでも12位、7位とそれぞれ急伸しており、この勢いはまだまだ続くだろう。8月24日発売予定のパッケージ・リリースに大きく弾みをつけることとなった。

ラブライブ!ユニットの新曲が初登場1位!ついに秦 基博「ひまわりの約束」が100回の大台に

Billboard JAPAN アニメチャート“HOT Animation”で初登場トップに輝いたのは、Aqours「青空Jumping Heart」(アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』オープニングテーマ)で、圧倒的なパッケージセールスに加え、ダウンロード、Twitterでもポイントを積み上げた。

夏休みに入り続々と映画が公開される中、主題歌のチャートインも続いている。GLIM SPANKY「怒りをくれよ」(映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌)は、アルバム内の楽曲であるが、ラジオのオンエア回数でとびぬけたポイントをたたき出し、3位となった。さらに、全ての指標でバランスよくポイントを重ねた、YUKIの「ポストに声を投げ入れて」(映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』主題歌)が5位に入るなど、映画公開とともにチャートアクションを起こしている。

ついに、今回集計分で秦 基博「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)が100回目のチャートインを果たした。本楽曲は2014年の8月に公開された夏休み映画の主題歌であるが、約2年で大台にのせ、ロングヒットとなっている。同じく映画の主題歌では、10位のケツメイシ「友よ〜この先もずっと…」(映画『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌)は、主に動画再生回数や、推定ストリーミング回数の高ポイントでチャートイン回数が18回となった。映画と音楽のお互いの良さが、相乗効果を生み出していることがわかる。

フィフス・ハーモニーが3週連続で首位を獲得、OK Goと Perfumeの初コラボ曲は10位に

今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”は、フィフス・ハーモニーの「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」が3週連続首位を獲得した。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。