ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今が旬、ビールに合う「いんげんと干しえびの炒め」レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 野菜やには季節がある。出荷が始まる「走り」、食べ頃の「旬」「盛り」、終盤の「名残り」…。この時期、栄養価は最大、価格は最低となる、旬から名残りにかけての“最旬”食材である「さやいんげん」を楽しむコツを、松田美智子さんが紹介します。

 さやいんげんはいんげん豆のいわば“幼少期”で、さやごと食べるのが特徴。数多くの種類があるが、日本で流通しているのは、丸さやでやわらかくもシャキッとした歯触りの「どじょういんげん」や、さやが平らで幅広い「モロッコいんげん」が一般的だ。関西地方では、年に3度収穫できることから「さんどまめ」とも呼ばれる。

 糖質・脂質・たんぱく質の代謝にかかわるビタミンB群やビタミンC、疲労回復に有効なアスパラギン酸などが含まれ、夏バテ時のさっぱりおかずにぴったり。また、免疫力向上効果のあるβ-カロテンも豊富で、夏風邪の予防にも。

 緑色が鮮やかで艶があり、さや先までしっかり身が詰まって、ポキッと折れそうなほど張りのあるものを選ぼう。さやの両端がピンと尖っているのは新鮮な証拠。しなびやすいので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存を。

 今どきのさやいんげんは筋を取り除く必要のないものがほとんど。火の通りや歯ざわりが均一化され、また見栄えもよくなるため、生から炒める、あるいはゆでて使う際も長さを揃えて切ることが肝要。

「子供時代を過ごした鎌倉の里では、夏になると、やわらかいさやいんげんがよく食卓にのぼったものでした。夕暮れの台所で、母が形の悪いいんげんを選り分けては、梅干しと削りぶしで煮ていたことを思い出します。干しえびとの炒めものは、昔、台湾でいただいた一皿をアレンジしたもの。夏の宵、ビールがすすみますよ」(松田さん)

◆「いんげんと干しえびの炒めもの」のレシピ
【1】フライパンにごま油大さじ2を熱し、にんにくのみじん切り小さじ1と干しえび(5mm大)大さじ2を加えて中強火で炒める。
【2】天地を落とし、3cm長さに切り揃えたいんげん20本分を加え、ナンプラー大さじ1で調味する。白ワイン大さじ1を入れ、味を見ながら塩・こしょう各適量で仕上げる。

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
89才料理研究家が教える、冷えた煮もの「冷やし鉢」のレシピ
ぎょうざには「醤油・酢・ラー油」だけではなくポン酢もGood
自家製めんつゆとトマトソースで作るナポリタン風焼きそば

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP