ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

増田明美さんが明かす女子マラソン代表選手達の猛練習伝説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リオ五輪で女子マラソン中継(TBS系)の解説を務める元マラソン選手でスポーツジャーナリストの増田明美さんといえば、細かすぎる選手情報でバラエティ番組に特集されるほど。そんな増田さんが本番を前に、女子マラソンに出場する田中智美、伊藤舞の両選手の情報をお届けする。

 * * *
 田中智美さん(28、第一生命)の特技は、“手でペダルを漕ぐ”ことです。学生時代にケガで走れなかった時、体力アップのためエルゴメーター(自転車のペダル踏み)を3時間続けた田中さんは、頑張りすぎて股関節まで痛めてしまった。すると彼女は、なんと今度は両手でペダルを漕ぐトレーニングを始めて、周囲をビックリさせたそうです。

 私が彼女に注目するようになったきっかけは4年前のロンドン五輪のとき。尾崎好美さんのサポートメンバーとして現地に来ていた彼女は一緒に食事をした際、練習後にもかかわらず全員にサッとナプキンを配ったんです。「この子は伸びる」と確信しました。

 伊藤舞さん(32、大塚製薬)も並々ならぬ努力家です。彼女の伝説は、練習でプールを「1000往復」したこと。学生時代に監督から「水泳がいい」と言われると、とにかくひたすら泳ぎ続けていて驚かせたそうです。田中さん、伊藤さんは共に所属先の監督と深い「師弟愛」でつながっている点が共通しています。

【プロフィール】ますだ・あけみ/スポーツジャーナリスト。1964年、千葉県生まれ。成田高在学中、長距離種目で日本記録を樹立。引退までの13年間で日本記録12回、世界記録を2回更新。緻密な取材に基づく「詳しすぎる解説」で人気を博す。

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
女子マラソン・福士 力の源は「マイコちゃんの家の唐揚げ」
男子100m日本代表 各人の目の前につるされた高額ニンジン
田中みな実アナ 久保田智子アナのマラソン会不参加で苦境に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP