ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芦屋と並び金持ち多い岐阜県大野町 その理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本のサラリーマンの平均年収は415万円(2014年「民間給与実態統計調査」)。世帯別では、平均529万円の中、年収1000万円以上の世帯も全国で約1割(2014年「国民生活基礎調査」)に達する。その「お金持ち」世帯が多く住むエリアを調べると、首都圏だけでなく全国各地の意外な地域に分散していることがわかった。

 総務省の「平成25年住宅・土地統計調査」を基に、年収1000万円以上の世帯が市区町村に占める割合を色の濃淡で示した地図がある。システムエンジニアの清水正行氏が制作した「世帯の年間収入マップ」をベースに作図したものだ。

 東京23区と政令市を除いた「地方都市ベスト58」で目を引くのは、岐阜県大野町(年収1000万円超世帯が16%)だ。富裕層が多く住むことで知られる兵庫県芦屋市と並んでトップとなった。

 大野町は10年前、町内を走っていた鉄道が廃線となり、現在の公共交通機関はバスのみ。人口2万3000人の小さな町がなぜ、芦屋市や東京都世田谷区(同16%)並みに「お金持ち」が多いのか。カギは「働き手の多さ」だ。

「都会ではないが過疎地でもなく、個人の敷地が広く、敷地内の母屋と離れで3世代が同居するケースが多い。単身世帯が少なく、平均世帯人員(3.2人)は県内3位です。夫婦共働きに加えて祖父母や孫まで働くことで、世帯年収を押し上げていると思われます」(大野町政策財政課)

 世帯収入のプラスとなるのが「特産品」だ。大野町の特産「富有柿」の昨年の販売金額は約5.6億円。柿農家は兼業が多く、単純計算で1世帯あたり約100万円の副収入になる。

 同じく農産品で注目すべきは、愛知県南端の渥美半島に位置する田原市(同12%)だ。中京大学経済学部客員教授でエコノミストの内田俊宏氏が解説する。

「全国的な知名度は低いが、隠れた『農業王国』です。豊川用水を潤沢に利用して広い農地にスプリンクラーを常設するなど設備も充実し、管轄のJAあいち南は全国有数の生産量を誇る。農家の所得水準は非常に高く、レクサスや高級輸入車に乗るリッチな農家が多い」

 田原市は温暖な気候に恵まれ、キャベツ、レタス、トマト、菊など多くの農産物が産出額全国上位を占める。「あつみ牛」「常春ビーフ」などのブランド肉を生産し、養豚やうずら卵の産地としても全国有数だ。2005年と2006年には市町村別の農業産出額で全国1位に輝いている。

 その田原市がある愛知県は地方都市ベスト58のうち3割近くを占める。まさに「ひとり勝ち」のエリアだが、やはり「あの企業」の力が強いようだ。

「好調な愛知県を牽引するのは豊田市に本社のあるトヨタ自動車です。県内各地に社員が住むほか、トヨタ系の部品工場や生産工場が分散しており、世帯収入を押し上げると考えられます。みよし市(同13%)、日進市(同12%)、長久手市(同9%)などは名古屋市内へのアクセスがよく、製造業以外の高収入者も一戸建を買って住んでいます」(内田氏)

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
北陸地方にはなぜ「お金持ち」が多いのか
増税と値上げで年収300万円世帯の負担は年間40~60万円増
お金持ちが多く住む路線は江ノ電、阪急甲陽線、京王井の頭線

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。