ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小学校の変化 家庭訪問は立ち話、父の日・母の日作文ナシ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全てのことが猛烈なスピードで移ろいゆくのが現代社会。そんななか、比較的変化が乏しいかと思われがちな教育現場でも、かつての常識がまったく通用しない変化が起きている。教育上の問題ではなく、「保護者や近隣住民への配慮」のために学校から消えたものもある。まずはチャイムだ。

「昔は全部の授業の始業と終業の時に鳴らしていましたが、いまは必要最低限しか鳴らしません。近所から『うるさい』という苦情が来るからです」(教育評論家・石川幸夫氏)

 福島県の小学校校長は、別の理由を口にする。

「子供たちに時計を見て動く癖をつけさせるのと、教師も時間の管理を自分でできるようにするためです。あとは子供たちが何かに熱中している時に、チャイムで妨げたくないという理由もある。なので、うちの学校では朝と帰りしかチャイムは鳴らしません」

 校庭で遊んでいた生徒たちが、予鈴を聞いて教室に戻る……そんな風景はもう見られないのか。同様に、近隣への配慮という理由から、校庭での朝礼で全校生徒が集まることもほとんどないという。

「各教室でテレビを見ながら、校長先生の話を聞く小学校は少なくない。ちなみに校長先生への挨拶も座ったままの学校がほとんどで、『起立、礼』なんていいません」(石川氏)

 家庭訪問も変わった。かつては担任の先生に家に上がってもらい、じっくり子供について話を聞いたり、相談したりしたものだ。

「いまは玄関先での立ち話が主流です。差し障りがあって、『家に上がってほしくない』という保護者もいますから」(石川氏)

 中には、「うちには来なくていい」と拒否する親もいるというから驚きだ。

 個人情報への配慮から、クラス名簿や連絡網はすでに“絶滅”状態にある。日頃、子供と接する機会が少ない父親の大きな楽しみだった「うちのお父さん」という作文は、いまでは書かせることはない。

「父の日、母の日に向けて作文を書かせることは、ずいぶん前からしなくなりました。片親も多いし、祖父母に育てられている子供もいる。家族を限定しての作文はもう無理です。『自分の家族について』というテーマを出すことはありますが、これは『ペットでもいい』ということになっている」(福岡県・元小学校教諭)

 子供が読み上げる作文を聞いて、親が涙するようなシーンも昔の光景だ。石川氏は学校と保護者の関係の歪みを指摘する。

「学校や教育委員会が保護者の目を気にしすぎている面がある。たしかに、毎日のようにクレームの電話をかけてくる保護者もいるので、矢面に立たされる教師は大変です。しかし、保護者への配慮に神経をとがらせるあまり、子供に目が向かなくなるのでは本末転倒です。教師は誰のためにいるのかを、みんなが考える必要がある」

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
私立中高 本来義務でない「上納金」未納者に督促状送る例も
被災地の子供が書いた作文「(震災が)夢だったらいいなー」
悠仁さま同級生父兄「なるべくなら距離を置きたい」が本音?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP