ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィフス・ハーモニーが3週連続で首位を獲得、OK Goと Perfumeの初コラボ曲は10位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”は、フィフス・ハーモニーの「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」が3週連続首位を獲得した。

 先週よりポイントを落としたものの、デジタル・セールスおよび動画再生数で最も高いポイントを獲得し、今週で見事18回目のチャートイン。そして「ワース・イット feat.キッド・インク」も、20位に食い込むという人気の高さを見せつけた。

 先週の5位から2位へと浮上したのはDNCEの「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」。目前に迫った来日公演に向けて、前週よりラジオとtwitterの順位が上昇した結果だ。来日中のイベントも続々決定しており、次週以降の伸びに注目したい。続いて3位を獲得したのは先週に引き続きキャンディス・スプリングス「トーク・トゥ・ミー」。先週のプロモーション来日でラジオ出演が続き、高いエアプレイ数を獲得している。4位は、ジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」。ラジオ、デジタル、動画再生数で安定したポイントを獲得しており、連続11週チャートインというロング・ヒットを更新中だ。

 その他、米Billboard HOT100では初登場17位に留まったブリトニー・スピアーズの新曲「メイク・ミー feat.Gイージー」は、日本では初登場7位。OK GoとPerfumeの初のコラボ楽曲「アイ・ドント・アンダースタンド・ユー」は、初登場10位という結果となった。

◎【HOT Overseas】トップ10
1位「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」フィフス・ハーモニー
2位「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」DNCE
3位「トーク・トゥ・ミー」キャンディス・スプリングス
4位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」ジャスティン・ティンバーレイク
5位「イントゥ・ユー」アリアナ・グランデ
6位「ダーク・ネセシティーズ」レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
7位「メイク・ミー feat.Gイージー」ブリトニー・スピアーズ
8位「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ」カルヴィン・ハリス
9位「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」テイラー・スウィフト
10位「アイ・ドント・アンダースタンド・ユー」OK Go× Perfume

関連記事リンク(外部サイト)

8月1日付 Billboard Japan Hot Overseas
【米ビルボード・ソング・チャート】10週に渡り首位を独占したドレイクが遂に2位へ…王座を奪ったのは?
【米ビルボード・アルバム・チャート】勢い衰えず!ドレイクが11週目の首位をマーク、トウェンティ・ワン・パイロッツがTOP3圏内に再浮上

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP