ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実際のところどうなの?気になるブラジルの治安

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: L.C. Nøttaasen via flickr cc

こんにちは。Compathy MagazineライターのKumiです。ブラジルの治安と聞いてあまり良い印象をお持ちでない方が多いのではないでしょうか。しかし今年オリンピックが開催され、国際都市へと変貌を遂げつつあるリオデジャネイロ。
「郷に入れば郷に従え」の精神で、現地のルールを守れば何も怖いことはありません! ブラジル治安の予備知識を持って、情熱の国ブラジルで世界規模の祭典を思いっきり楽しみましょう!

ブラジルの治安は危険情報「レベル1」

外務省が発出している危険情報では、レベル1の「十分注意して下さい」レベル。この危険情報は全部で4段階ありますが、レベル1は一番危険度が低いレベルなので少し安心出来ましたね! とはいっても日本と同じ感覚で行ってはいけません。
また最近では、ジカウイルス感染症(ジカ熱)の流行から、妊婦及び妊娠予定の方は特に注意が必要です。ジカウイルスを媒介するネッタイシマカは黄熱病の媒介もしますので、渡航者は黄熱病の予防接種を受けることをおすすめします。

観光客が遭遇する主な被害とは?

具体的にブラジルではどの様な被害が発生しているのでしょうか? 事前に知ってさえいればトラブルは回避出来ます。

Photo credit: Orin Zebest via flickr cc

強盗

強盗は観光客が気をつけなければいけない犯罪の一つです。もし万が一、強盗に遭遇したら・・! 一番重要なことは絶対に抵抗しないことです。相手が少年だとしても脅しだけではすみません。貴重品は身につけず、なるべく現地の人と同じ服装を心がけましょう。
強盗に狙われやすい場所を下記にまとめましたので参考にしてくださいね。

・空港タクシーの降車先
降車する場所は、道路ではなく、ホテルのコンコース内やアパートのガレージ内にして下さい。
・観光地からちょっと離れた路地
・道路
道路での歩きスマホは絶対にやめましょう! そのスマホが狙われてます。

短時間誘拐

短時間誘拐とはあまり聞きなれない言葉ですが、最近はブラジルでもこの犯罪が多発しています。幹線道路を走行中の車が停車したところを襲うケースが一番多く、犯人たちは何らかのアクシデントを装いながら車に乗り込んできます。そして人気のない場所まで運転させ、拳銃をつきつけ現金を強奪します。また、銀行に連れて行き、所持しているキャッシュカードで現金を引き出しさせ、その現金まで強奪するというものです。
もしブラジルで車を運転することがあれば以下のことにご注意ください。

・窓は開けっぱなしで走行しないでください
・誰かに話しかけられても無視してください
・ドアロックは必ずしてください
・特に後部座席のロックが掛かっているか必ず確認してください

以上のことに気をつけ安全なドライブを楽しんでくださいね!

スキミング

Photo credit: frankieleon via flickr cc

ATMからクレジットカードやキャッシュカードを利用して両替しようと考えていらっしゃる方は必見です! スキミングとは、カードの磁気記録情報を不正に読み出して、コピーを作成する犯罪行為のことです。
帰国後、身に覚えのない請求がカード会社から届いて大慌て・・キャッシュカードもあるはずの残高が0円に! なんて事態に。これらを防ぐには暗証番号を絶対に知られないようにすることが大切です。どのように行動すべきか以下にまとめました。

<ATMでは>
・ATMの周囲に怪しい人間がいないか確認してから操作を開始してください
・操作中に誰かに話しかけられても無視して操作を続けてください
・何があっても現金とカードを手に取るまでは、ATMを離れないでください
・出来れば友人などと複数で銀行に行ってください

<お店では>
・クレジットカードは決して店員に渡さないでください
・カード決済端末を自分で手に持って、カードリーダーにとおしましょう
・暗証番号は店員に見られること無く入力しましょう

置き引き・ひったくり

Photo credit: Prayitno / Thank you for (10 millions +) views via flickr cc

日本人の被害で最も多いのが置き引きやひったくりです。不用意に荷物から目を離すことは絶対にやめましょう。バッグで席を確保する行為は絶対にしてはいけません。ブラジルではどうぞ持って行ってくださいと言っているようなものです。ビーチでの置き引きも急増しています。
複数で犯行に及ぶことが多く、ビーチには貴重品は絶対に持っていかないようにしてください。また、背後からのひったくりにもご注意を。自転車や徒歩で接近され、手荷物だけでなくスマートフォン、腕時計、カメラ、ビデオ、装身具も狙われますので十分に注意してください。

スリ

スリの手口について詳しくお話します。スリは単独犯ではなくペアで行動します。例えば、一人がアクシデントを装い話しかけ、その隙にもう一人がバッグを盗むといった手口が一般的です。
日本人はポルトガル語が出来ない為、身振り手振りでコミュニケーションを取ることに夢中になり、荷物のことをすっかり忘れてしまいがちです。気がつくと「あれ? 荷物が見当たらない」なんて事態にならないよう、手荷物は絶対に身体から離さないでください。

ブラジル国内の危険な地域や場所を知っておこう

危険なエリアの予備知識があれば、危機予測が可能です!

<リオデジャネイロ>

・フラメンゴ地区
浮浪者やストリート・チルドレンが多く集まっている地区です。アテホ・ド・フラメンゴ公園は、特に夜間、人通りもほとんどなくなることから強盗被害に遭う確率が高くなっています。

・ボタフォーゴ地区
日系企業事務所が多数所在するボタフォーゴ地区は、商店や事務所を狙った侵入強盗事件が増加傾向にあります。

・コパカバーナ地区、イパネマ地区、レブロン地区
警察官や警備員が多く配置されていますが、海岸通りで夕暮れ以降に、外国人旅行者を狙った強盗事件が発生しています。犯行の大半が未成年者グループによるもので、特に浜辺の一人歩きは大変危険です。

・コルコバードの丘、ポン・ジ・アスーカル
この2か所はリオデジャネイロで最も有名な観光名所で、軍警察官や市警察官が配置されていますが、旅行者を狙ったひったくり、置き引き等が発生しています。コルコバードの丘へ至る登山道では、拳銃使用の強盗事件が多発していますので、なるべく登山電車を利用してください。また、観光客をターゲットにして、法外な値段でガイドを申し出る違法業者も居ますので注意してください。

・セントロ地区、カテドラル・メトロポリターナ
旅行者を狙った路上強盗が増加しています。最近の事件では建物の写真を撮影している際、背後からいきなり突き飛ばされ、転倒したすきに所持品を奪われる事件が発生しています。セントロ地区のバスターミナル内では、バスを降りた旅行者を狙った置き引きも多発しています。

<サンパウロ>

・セントロ地区(旧市街)
サンパウロの起点であり、観光名所となっている大聖堂(カテドラル・メトロポリターナ)があるセー広場は連日多くの観光客でにぎわっていますが、スリ、ひったくりなどの窃盗事件の多発地域でもあります。

・リベルダージ地区
サンパウロに駐在する多くの日本人が、日本の食材を求めて訪れる東洋人街があるリベルダージ地区。スリ、ひったくりといった窃盗事件はもとより、拳銃使用による強盗事件が昼夜を問わず発生しています。

・パウリスタ大通り周辺
高層ビルが建ち並ぶオフィス街であり、多くの日系企業や在サンパウロ総領事館の所在地であるパウリスタ大通りは、一見安全に見えますが、スマートフォンを狙った強盗事件の発生件数がサンパウロ市内で最も多い場所として知られています。
さらに、同大通り周辺では車を対象とした強盗事件や家屋、レストランへの侵入強盗事件も多く発生しており、そのほとんどに拳銃が使用されています。

・モルンビー地区
多くの著名人の居宅が建ち並ぶ高級住宅地でもあり、富裕層を狙った強盗事件も頻発しています。さらに,サッカースタジアム等の施設内に設置されているATM機を爆破して現金を奪うといった手口の強盗事件も発生しています。

・空港周辺等
空港内で多く発生しているのが置き引き被害であり、多くの日本人も被害に遭っています。また、空港からサンパウロ市内に向かう幹線道路では、犯罪者が警察官を装い検問を偽装し、車を停車させて強盗に及ぶといった手口も見られます。

その他の都市の危険な地域はこちらを参照してください

水や食べ物・衛生状況は大丈夫?

Photo credit: Mark Hillary via flickr cc

地方ではもちろんのこと都市部でも水道水は必ずしも安全でありません。安心して旅行を楽しむためには、沸騰させた水、又はミネラルウオーターを飲用してください。経口感染症の予防のためにはなるべく生ものは避け、火の通ったものを食べてください。
手洗い、うがいは感染症予防に有効ですので心がけましょう。

ブラジルで気をつけて欲しいこと

熱帯雨林アマゾンの広大な自然、シュラスコなどのお肉料理、そして盛大なリオのカーニバル! ブラジルには日本人が憧れる素晴らしい文化があります。リオにあるイパネマやコパカバーナといったビーチも、世界中に知れ渡る名曲の舞台となった場所です。ぜひ行ってみたくなりますよね!
しかしそんなコパカバーナ地区、イパネマ地区ともに外務省のホ−ムページでは危険な地域に指定されています。どのような場所でどのような行動が危険か? を熟知していれば、危機回避が出来、あなたの旅はより趣深いものとなるでしょう。日本とは治安の実情が全く違うことを常に念頭において、ブラジル旅行を満喫してくださいね!

ファベーラには観光客だけでは近寄らない

Photo credit: AHLN via flickr cc

地域間格差が激しいブラジルでは、貧困層が多く住んでいる場所をファベーラと呼びます。いわゆるブラジルのスラム街で、ギャング間の抗争や殺人事件などが多発し、貧しいがゆえの犯罪が日々起きています。
映画「シティ・オブ・ゴッド」を見た方は興味深く感じる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、そういうエリアに観光客だけで立ち入るのは絶対にやめましょう。どうしても行きたい場合は、危険な場所を把握している地元ガイドのファベーラツアーに参加しましょう。
たいていどの街にもファベーラはありますが、リオデジャネイロやサンパウロにはとりわけ大きなファベーラがあり、特にリオデジャネイロは観光地のすぐ近くにあることで有名です。

<リオの主なファベーラ>

・Complexo do Alemão(コンプレクソ・ド・アレマォン)
国際空港から市内に向かう途中で誰もが目にする巨大スラム街。ほんの数年前まで激しい戦闘地だったため、リオで最も危険なファベーラとして有名でした。現在では民家の真上をロープウェイが通っています。

・Rocinha(ホシーニャ)
人口20万人とも言われる中南米最大のファベーラです。

・Babilônia, Chapéu Mangueira(バビロニア、シャペウ・マンゲイラ)
映画「黒いオルフェ」の舞台ともなった山頂からは、下にボタフォゴ湾、左にコルコヴァードの丘も見えます。警察の介入により、近年はリオデジャネイロの下町を感じられる魅力的な場所になってきています。

強盗対策にダミー財布を用意しましょう

Photo credit: Francesca Romana Correale via flickr cc

もし、あなたが強盗に遭遇したら・・絶対に抵抗してはいけないことは先ほどお話しましたね。もし、クレジットカードも現金も一つの財布に全部入っていて、そのお財布が無くなったとしら・・。残念ながらその後の予定を断念せざるをえません。
リスクを分散する意味と被害額が少額で済むように、強盗に渡す用のダミーの財布を事前に用意しましょう。ダミーの中には、ある程度のカード(取られてもいいようなポイントカードや利用できなくなったクレジットカードなど)札束(小さい金額のものを10枚ほど)小銭を入れておいてください。
強盗もすぐにその場を立ち去りたいと思っているので、中身を細かく調べることはしないはずです。

夜間外出は控えましょう

Photo credit: Shuta Kanasaka「2014 ブラジル旅行ー移動ー」

なるべくなら夜8時以降の外出は控えたほうがいいでしょう。どうしても外出したいのであれば、タクシーをドアツードアで利用しましょう。日中は人がたくさん歩いていた道も、夜になると寂しくなる場所もありますので、夕方にはホテルに戻り、朝早く行動するほうが安心です。
安全な日本の夜道とは全く違うことを念頭に置いて、慎重な行動をとることが大事です。

日本人だと知られないように努めましょう

Photo credit: Connie Ma via flickr cc

日本人観光客はお金持ち、襲われても抵抗しないイメージがあるようです。そのようなイメージから日本人観光客はターゲットにされやすく、まず、周りの人に日本人だと気付かせないことが大切です。
ブラジル全土、特にサンパウロ州には日系人が多く住んでいますので、日本語さえ話さなければ、日本人観光客だとはばれません。しかし、日本人とブラジル人では服装が明らかに違う為、現地の人は遠くから見ても「あ、日本人が来た!」と分かるといいます。
その服装の違いとは具体的にどんなものなのでしょうか? ブラジル人は年齢や体型を気にすることなく、肌を出すことや、明るい色を身につけることに抵抗はないようですが、日本人女性は体型をカバーする地味な色やデザインを選びがち。
そしてブラジルの女性はヘアセットが乱れるのを嫌い、帽子もあまりかぶりません。旅行にありがちなハットなどは日本人とアピールしてるようなものです。自分の服が、周りとぜんぜん違う! と気付いたら、現地で洋服を調達してみてはいかがでしょうか。
そして、対策としてはブラジルには黒髪の人も多い為、サングラスを掛けて目を隠してしまうのも有効です!

周りの人物をよく観察してください

犯罪者心理を逆手にとった行動をしましょう。犯罪者は特に顔を見られることを嫌います。自分の周りににいる人物をよく観察し、道を歩く時は警戒していることが周囲にわかるくらい気を配りましょう。
でも万が一、強盗にあったら・・その時は、逆に相手の顔を見てはいけません。顔を覚えられた! と逆上される危険があります。また、変な動きをしている人、ふらふらしている人は麻薬を使用しているかもしれません。そのような人たちを見つけたら、絶対に近づかないようにしてください。

両替した直後は周囲を確認してください

Photo credit: Fernando Palacios via flickr cc

両替して現金を手に入れた直後はとても注意が必要です。屋外へ出るときにはこちらを見ている人がいないか、怪しい様子の人がいないか、必ずチェックしてから外に出るようにしてください。
また、強盗はしばらく後をつけてから犯行に及ぶこともあります。両替した後はなるべく早めにレストランやお店などの安全な場所に移動しましょう。

公共のバスは利用しないでください

Photo credit: Mariordo (Mario Roberto Duran Ortiz) (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

空港から市内間の移動、観光名所訪問等の外出時には、可能な限り旅行会社等の手配したハイヤーやラジオタクシー(料金前払い)を利用してください。市内、長距離を問わず強盗事件が多発しているので、公共バスの利用は避けるのが賢明です。
リオデジャネイロ北部地区では、スラム街の抗争に伴う放火事件や交通事故も多く発生しています。また、バス専用道路とチューブ型バス停が名物のクリチバ市の市営バスは、朝夕のラッシュ時に乗客の混雑が激しく、スリの被害が急増しています。

三つ星未満のホテルの利用は避けましょう

Photo credit: Gary Bembridge via flickr cc

「宿泊は、安全面を考慮して3つ星未満のホテルの利用を避けてください」と外務省は推奨しています。しかし、どうしても低予算で抑えなければならない場合もあるでしょう。そんな時には日本人が経営する日本人宿がオススメです。気心の知れた日本人オーナーがいれば何かあったとしても心強いですね!

ブラジルのドライバーにはご注意を!

Photo credit: paulisson miura via flickr cc

都市部では車の台数が多い上に、交通整備の遅れやドライバーのモラルの低さが原因で交通事故が多発しています。ブラジルのドライバーは運転が荒く、恐ろしいことに歩行者優先とは思っていないそうです。信号が赤でも横断歩道に侵入してくる車がいるため、道路を横断する時は、たとえ信号が青でも油断できません。
また、タクシーやバスに乗車しても、ドライバーの激しい車線変更にハラハラするかもしれません。日本より運転が荒っぽいことはある程度、覚悟しておいてください。

緊急時の連絡先

Photo credit: André Gustavo Stumpf via flickr cc

もしトラブルに巻き込まれたら・・! 
警察:197
救急車:192
消防:193

現地大使館など連絡先

Photo credit: Fernando Mafra via flickr cc

ブラジル国内の他州からの通話は市外局番の前に「021」(国内長距離通話コード)をつけてください。また、同一州内からの通話については市外局番をつける必要はなく「3」からはじまる8桁の番号にかけてください。

・在ブラジル日本国大使館(Embaixada do Japão no Brasil)
住所:SES Avenida das Nacoes Q811, Lote 39, 70425-900, Brasilia, D. Federal
電話:(市外局番61)3442-4200
夜間連絡先:(市外局番11)3351-7289
公式サイト:http://www.br.emb-japan.go.jp/

 

・在サンパウロ日本国総領事館(Consulado Geral do Japão em São Paulo)
住所:Avenida Paulista 854, 3-andar, 01310-913, Sao Paulo, SP
電話:(市外局番11)3254-0100
公式サイト:http://www.sp.br.emb-japan.go.jp/jp/

 

・在リオデジャネイロ日本国総領事館(Consulado Geral do Japão no Rio de Janeiro)
住所:Praia do Flamengo, 200-10 andar, 22209-901, Rio de Janeiro, RJ
電話:(市外局番21)3461-9595

※緊急連絡先(受付時間外及び休館日)
電話:+55-(0)21-3461-9595(日本から電話をかける場合)
ブラジル国内 の他地域よりは、(市外局番21)3461-9595
公式サイト:http://www.rio.br.emb-japan.go.jp/nihongo/

 
その他都市の総領事館についてはこちらを参照してください

いざという時、在外公館などから緊急時情報提供を受けられる海外旅行登録システム「たびレジ」はこちらより登録ください

おわりに

ブラジルの治安についてお話しましたが、これらの犯罪はブラジルに限ったことではありません。海外を旅する際、どの国においても注意すべきことは同じです。安全で感動的な旅にしたければ、自らの意識を変えなければなりません。皆さんの旅がより良いものとなりますように!

ライター: Kumiko Otsu
Photo by: L.C. Nøttaasen via flickr cc

Compathyでブラジルの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、ブラジルを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Takuo Shikata「知らぬ間に密入国!?アマゾン三国国境地帯」

*Seiji Ishikawa「南米って予想以上に広すぎる??」

*acco「Brazil & Peru」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP