ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニットクリエイターの蓮沼千紘が作品展「In my head」を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ちひろはすぬま

アーティストのCHARAやmiwaへの衣装提供も手がけるなど活動の幅を広げている話題のハンドニットブランドan/eddy(アン/エディ)のニットクリエイター、蓮沼千紘による作品展を7月29日(金)から表参道 ROCKETで開催する。

会場に一歩足を踏み入れると、そこは蓮沼千紘の頭のなか。脳細胞をイメージした空間にan/eddyによる2014年の「花とキャビア」から最新シリーズの「廻る色光」までの記憶を展示。会場では彼女の頭の中に日常的に聞こえてくる音や思考をリミックスしたBGMを流し、来場者を蓮沼千紘の頭の中へいざなっていく。

また、今はもう購入できない作品やnakamuracoubou、mellow との人気コラボアイテムを復刻販売。さらに、8月1日(月)と8月2日(火)の2日間は、
2015年冬に発表したシリーズ「extension」に参加したKilico.佐藤麻衣子、CODE+LIM嶋津一馬、vetica鈴木昂司、boy camera工藤未希が参加したインスタレーションも開催予定。

魂の果てまで編みたいという蓮沼千紘のニットに対する熱い思いを、会場で感じよう。

■開催概要

タイトル:CHIHIRO HASUNUMA「In my head」

会期:2016年7月29日(金)〜8月3日(水) 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。