ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペンタトニックス「Perfumeメドレー」収録の日本独自企画盤本日発売、来月サマソニで日本再上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2年連続グラミー受賞、アカペラ・グループとして史上初めて全米チャートを制したペンタトニックス。初めて日本語歌唱に挑戦した話題の超スペシャル楽曲「Perfumeメドレー」を収録した日本独自企画盤「ペンタトニックス(最強盤)」を本日発売した。

昨年2015年に結成15周年・メジャーデビュー10周年を迎え、近年は日本国内のみならずアジア、ヨーロッパ、アメリカ等で世界ツアーを行い海外にも活動の場を広げ大成功を収める人気テクノポップユニットPerfumeの楽曲「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」といったPerfumeの代表曲2曲に加え、近年のヒット曲「Spending all my time」「Pick Me Up」の4曲をマッシュアップ・メドレーで構成。コーラスだけではなくドラムマシンやシンセサイザーの音まで全て人間の声で表現する、鳥肌の立つような彼らの圧倒的なテクニックと、完璧な日本語発音で歌い上げている。多くのファンからの反響があり、iTunesポップチャート1位を獲得している。

兼ねてより「日本が世界一大好きな場所!」と“日本大好き”を公言し、日本デビュー以来様々なメディアのインタビューで「近いうちに日本の曲のカバーをしたい!」と語っていた彼らの熱い想いが、ようやく形になった。Perfumeの楽曲を選曲した理由については、「正直、曲選びとアレンジはそんなに迷わなかったよ。Perfumeの曲はどれもすごくクールでエネルギーに溢れていて、それが選曲の大きな決め手だったよ。僕達全員がPerfumeの曲の複雑さに大興奮した。それに、僕達はいつか日本語の曲を歌いたかったから、それが実現できて嬉しい!」とメンバーは語っている。USツアー中だったメンバーは、忙しいスケジュールの合間を縫って、日本語の発音練習を日々くり返し、レコーディングに臨んだという。海外アーティストによるPerfume楽曲の日本語カバーはPerfume史上初となり、ペンタトニックスが日本語で楽曲カバーに挑戦することも今回が初めてとなる。

本日発売となり、iTunes総合アルバムランキングでは最高1位を記録している日本独自盤「ペンタトニックス(最強盤)」は、昨年10月にアカペラ・グループとして史上初の全米1位を獲得し、彼らのオリジナル曲メインで構成された最新アルバム「ペンタトニックス」15曲に、「Perfumeメドレー」の他、同じくグラミー受賞アーティストであるメーガン・トレイナーの最新ヒット・シングル「NO」が日本限定収録され、渡辺直美が日本版ミュージック・ビデオに出演したことでも話題となった彼らのオリジナル楽曲「キャント・スリープ・ラブ」のリミックス、国内盤未発売であった「PTX VOL.3」からセレクトされたライブで盛り上がる楽曲で構成された、まさに“最強”な1枚となっている。

また、8月19日に日本公開となる映画『ゴーストバスターズ』のサウンドトラック(国内盤CD:8月17日発売)でオリジナル・テーマソングのカバーを披露。ビート感のあるキャッチーでカラフルな楽曲に仕上がっている。

来月には、2回目の出演となるサマーソニック2016(8月20日東京 8月21日大阪)への出演のため6度目の来日を果たすペンタトニックス。これまでにも、常に新たな試みで多くの人々魅了してきた彼らは、サマーソニックで「Perfumeメドレー」も披露する予定だという。

Pentatonix – Perfume Medley

リリース情報

日本独自企画盤「ペンタトニックス(最強盤)」
2016年7月27日発売
SICP-4946 2,200円+税
歌詞・対訳・新解説付

iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1128081662?app=itunes&ls=1

関連リンク

ペンタトニックス 海外公式ウェブサイトwww.ptxofficial.com
ペンタトニックス レーベルサイトwww.sonymusic.co.jp/ptx
ペンタトニックス 公式YouTubeチャンネル「PTXofficial」www.youtube.com/PTXofficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP