ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

川島ケイジ、デビューアルバムから「夏の終りのハーモニー」でChageとデュエット実現

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
川島ケイジ、デビューアルバムから「夏の終りのハーモニー」でChageとデュエット実現

8月31日に発売される、“神ってる歌声”だと話題の川島ケイジのメジャーデビューアルバム「KEIJI」。同アルバム収録曲「夏の終りのハーモニー」で、川島ケイジの兄貴分のような存在であるChageとのデュエットが実現した。

ラジオのレギュラー番組のディレクターから、Chageに渡されたインディー盤の1枚の音源が川島ケイジのもので、これが二人の出会いのきっかけとなった。音源を聴き、圧倒的な歌唱力に無限の可能性を感じたChageは、川島ケイジを番組ゲストとして呼び、運命的な出会いを果たすことになる。

その後、「Chage Fes 2015」にも出演させてもらったりと、ポイントで背中をおしてくれたChageが、デビューアルバムでのデュエットで参加を快諾。“神ってる歌声”デュエットが実現した。

なお、本日より先行でアルバムより「Woman“Wの悲劇”より」「バン・バン・バン」の2曲を配信中。

Chage 川島ケイジによせて
ある時ラジオからとても印象的な歌が聞こえた。「これは誰だ?」と思ったのをよく覚えている。その後その歌声の持ち主が川島ケイジと知りました。すごい声だ、そして写真を見て良い男であることも知りました。しかも背が高い…そして縁あってChage Fes2015に参加してもらいました。彼がステージに立つ前とその後ではお客さんの空気が変わり「やっぱりな」と彼の可能性を確信しました。本当に音楽、歌、ライブが好きな男でこれからメジャーデビューすることによってより多くのリスナーの気持ちを掴んでもらいたいし、出来ると思います。

今回「夏の終りのハーモニー」を歌ったことについてラジオ番組でケイジ君の好きそうな歌として「夏の終りのハーモニー」を僕が選びました。即興でスタジオ内で歌ったんです。そしてレコーディングへ。お互いに違う環境で過ごしてきたのに声を合わせてみたら、もちろんオリジナルは素晴らしいけど僕とケイジ君の音源も引けをとらないものが出来ました。音楽って改めて素晴らしいなと思いました。二人の声が重なって出来たサウンドは必聴です。レコーディングの想い出はもちろんハーモニーが生まれた瞬間の気持ちよさなのですが、彼の歌ったマイクに向かおうとしたらマイクが僕の頭上にあって身長の差を実感したことです(笑)

これから楽しみでしょうがないアーティストです。僕にとって弟のように応援したい気持ちとライバルとして負けないぞ、という気持ちにさせてくれる存在です。「KEIJI」、最高のアルバムが完成したと思います。頑張って下さい。期待しております。

リリース情報

アルバム「KEIJI」
2016年8月31日発売
UPCY-7164 1,852円+税
<収録内容>
「夜の向う側」
「Woman “Wの悲劇”より」
「夏の終りのハーモニー」
「バン・バン・バン」
「結〜yui」
※「Woman “Wの悲劇”より」「バン・バン・バン」先行配信中

関連リンク

川島ケイジ オフィシャルサイトhttp://www.keiji-kawashima.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。