ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AMD、360度動画などVR制作向けGPU Radeon Pro WX7100発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PC向けグラフィックボードメーカーAMDはプロフェッショナル向けの新型GPU「Radeon Pro WX7100」を発表しました。

Radeon Pro WXシリーズはAMDの新しいラインナップです。通常のPC向けのRadeonシリーズに比べ、クリエイティブのプロフェッショナル向けのワークステーションに組み込むGPUになります。Radeonシリーズの新型RX480にも搭載されている次世代のプロセッサPolarisを搭載しています。

今回発表されたWX7100は、VRコンテンツの開発に最適化したGPUとのこと。5テラフロップス以上のパフォーマンスでコア数は2048基、メモリは8GB。発売時期は2016年第4四半期を予定、価格は1,000ドル以下になるとのことです。

VR制作に特化

今回発表されたWX7100は、AMDが同時に発表した「Project Loom」に対応しているとのこと。Project Loomは、360度動画のリアルタイムスティッチングを可能にするステッチャーです。AMDによると、24台のカメラからそれぞれ1080p、60fpsで映像を抽出し、最大4Kサイズの360度映像を30fpsで出力できます。

このProject Loomは、2016年夏にAMDが進めるオープンソースのプログラムGPUOpenにて公開される予定です。

(関連記事)
NVIDIA、VR対応のプロフェッショナル向け新型GPU Quadro P6000発表
AMD、ハイエンドVR対応の新GPU「RX480」を発表。価格は199ドル、発売日は6月29日

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP