ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルーインパルスから聞こえるパイロットの肉声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国各地にある航空自衛隊の基地で開催される航空祭。航空最の見どころは、すぐ目の前の低空を軍用機が飛ぶところ。来場者に見せることを目的に飛行することから「展示飛行」と呼ばれています。その展示飛行の花形が「ブルーインパルス」。ブルーインパルスの受信術を紹介しましょう。

ブルーインパルスの白煙は無線で合図

航空際で行われる展示飛行の中で1番人気なのが、中等練習機T-4×6機で編成される「曲技飛行」専門のチーム「ブルーインパルス」のアクロバット飛行です。

ブルーインパルスのアクロバット飛行を支えているのが無線。ブルーインパルスは航跡を見せるために、白煙を出しながら飛行するのが特徴。その白煙を出すタイミングは隊長機(1番機)のパイロットから無線で合図されます。

ブルーインパルスが使用するエアーバンドは、AMモードのアナログ波。手持ちの受信機で誰にでも聞くことが可能。ブルーインパルスのパイロットは、UHF帯エアーバンドの管制波で機体間通信を行います。

ブルーインパルスの交信から隊形名

イヤホンからは先陣を切る隊長機からの号令が聞こえてくるので、ブルーインパルスが次にどのような動きをするのか、ひと足早く分かるのです。ブルーインパルスの華麗な舞いを目だけではなく、耳からも楽しめます。

6機で編成されるブルーインパルスの基本は編隊飛行。展示飛行で多用される隊形が、デルタ隊形、ダイヤモンド隊形、トレイル隊形です。

展示飛行中の交信から、これらの隊形名が頻繁に出てきます。1番機のパイロットが「メイクデルタ」といえば、“デルタ隊形を作れ”という意味。「メイク+隊形名」の号令が聞こえたら、目の前で隊形の組み直しが始まるのです。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(写真/星智徳)

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP