ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NVIDIA、VR対応のプロフェッショナル向け新型GPU Quadro P6000発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グラフィックボードメーカーNVIDIAは、アメリカで開催中のCGの祭典SIGGRAPH2016にて、VRコンテンツを制作するプロフェッショナル向け新型GPU「Quadro P6000」を発表しました。

NVIDIAのGPU Quadroシリーズは、プロフェッショナルが使用するワークステーション向けのGPUです。ゲーミングを主眼に据えたGeforce GTXシリーズとは異なるラインナップとして提供されています。

今回のQuadro P6000は、GeForceシリーズの新型にも搭載されている次世代のアーキテクチャPascalを搭載し、VRにも対応したモデルとなっています。パフォーマンスは12テラフロップス、コアは3840基、GPUメモリーは24GB搭載。デザイナは複雑なデザインの処理をこれまでより最大2倍の高速化が図れ、VRコンテンツ制作のための動作の重いアプリケーションにも最適としています。

P6000の価格は未定。

NVIDIAは同時にSIGGRAPHにて360度動画をリアルタイムスティッチング(リアルタイムでの貼りあわせ)を可能にする「VRWorks 360」を発表しています。

(関連記事)
NVIDIA、Pascal世代の最上位GPU「TITAN X」を発表
NVIDIA、VR対応のGTX1060を発表、GTX980相当の性能で価格は249ドル
NVIDIA、次世代GPUとなるGTX1080/1070を発表。VR性能が飛躍的に向上。価格は599ドル/379ドル

(参考)
The New NVIDIA Quadro
http://www.nvidia.com/object/quadro-graphics-with-pascal.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP