ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

七福弁当の「のりメンチ」を愛してやまない男子は、「のりメンズ」宣言だ!【旭川】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昔からファンの多いメニューだったんです。

いうならば、このお店の「看板商品」ですからね!

七福弁当 鈴木商店の「のりメンチ」

街にはファンがたくさん!

しかし、最近になって、市外にも広がりを見せているようなのです。

のりメンチ目当てに旅行してきました、なんていう人もいるくらいです。

これって。

応援しているアイドルが売れていくのと似ていません?

それはもちろん、売れてほしいですよ!

でも、俺は昔から知っていたんだぞ、応援していたんだぞ、みたいな。

最近、好きになったみんなとは違うんだぞ、みたいな。

のりメンチを愛してやまない。

私は「のりメンズ」なのです。

今日は、「のりメンチ」に思いを込めて。

渾身のラブレターを綴ります。

1枚70円の揚げものにラブレターを書くことを決めた、

メシ通レポーターの裸電球です。

自分の気持ちに素直になろうって決めたんです。

そうしたら、不思議と肩の力が抜けたんです。

僕は、「のりメンチ」を愛してやまない「のりメンズ」だって。

気づいたんです。

「のりメンチ」とは

北海道旭川市にある鈴木商店 七福弁当が販売する「のりメンチ」は、

1枚70円のご馳走で、大人から子どもまで大好き。

お酒にもご飯にも相性抜群、おやつに買って行く人もいます。

国産の鶏肉、豚肉、牛肉を独自の割合でコネたものを、

のりで巻いて揚げたお料理です。

のりメンチが産声をあげたのは、今から40年前のことでした。

先代が「ハンバーグ」を作ったところ、出てきたのがこれ。

美味しいので商品化したという逸話が残っています。

旭川市の「七福弁当」

七福ビルの1階にある、鈴木商店。

地元の人からは「七福さん」や「七福弁当」と呼ばれて愛されています。

お店を営むご夫婦の似顔絵が描かれた看板です。

味のあるタッチでいいですよね!

創業が昭和37年ですよ。

旭川市民の胃袋をつかんで離しません。

おや…。

ご主人が手に持ってるのって?

ほら右側。

「のりメンチ」じゃないですか!

これぞ、本当に「看板メニュー」 ってやつですよ。

買物公園という歩行者天国沿いにある七福ビルには、

鈴木商店のほかに、青果店や鮮魚店などが入っています。

これが、美味しさの秘訣!

例えば野菜は、お向かいの佐藤青果店から仕入れるというわけです。

さまざまな惣菜が揃っています。

これが、たまらないんですよ。

大きなケースはいつもおかずでいっぱいです。

1個いくら、100gいくらなど、一般的な買い方ができるのですが、

『メシ通』をご覧の「食」のアンテナが高い皆さんには、お弁当がオススメです。

ちなみにこれで400円です。

「からあげ弁当」といったメニューが用意されているわけではなく、

その場で詰めて欲しいものをスタッフにお願いするのです。

例えば、今回のお弁当は、

「からあげ入れて、あとはお任せ、ご飯は別」と注文しました。

半分に切ってある惣菜は、お値段も半分。

バランスを見て、400円で収まるようにアレコレ詰めてくれます。

最高でしょ?

人によって頼み方が分かれるのも面白いところ。

昼時はすごい行列ですが、自分の番がくるまで聞いていると楽しいですよ。

「おばちゃん、500円でからあげ、コロッケ、ごはん大盛り、あとはお任せ」

「エビフライひとつと、クリームコロッケひとつと、あと…」

「350円でおかずとご飯一緒のきんぴら、たまごサラダ」

常連さんの「コンボ」にベテランスタッフが受けて立ちます。

ザンギは100gで200円。

これが美味しいんです。

行楽シーズンのお弁当として購入される方が多くいます。

例えば、運動会で隣のご家族にもらったのが美味しかったと、

毎年、常連さんが増えているそうです。

いつも笑顔の市中ご夫妻。

人柄がお料理に出ているんですよね!

元気で優しくキビキビと。

おふたりから午後のパワーをもらうという人も多くいます。

さて。

七福弁当についてお分りいただけましたでしょうか?

ここからはマニアックになっていきますよ。

私がどれだけ、「のりメンチ」を愛しているのか。

いよいよです。

「のりメンチ」さんへのラブレター

「のりメンチ」さんへ

はじめて手紙を書きます。

メシ通レポーターの裸電球です。

僕は君のことがずっと好きでした。

それが、他の人も君のことを好きだと言い出して、

ちょっとヤキモチをやいています。

絶対に僕のほうが、君を愛している。

自信があります。

でも、君が売れるのは時間の問題です。

みんなが君の魅力に気づいたのなら。

僕が先に行くしかありません。

アレンジするのだ!

サンド・のりメンチ・ウィッチ

「のりメンチ」はそのまま食べるのが一番と判断しました。

素材の美味しさだけは、絶対に邪魔してはいけません。

そこで、パンに挟んでみました。

これが大正解!

パンの上にレタス。

その上に、「のりメンチ」をそっと優しく座らせます。

刻んだゆで卵にほんの少しのマヨネーズを加えたディップソース。

さらに茹でたアスパラを挟んでいます。

これがですね。

うまーい!

40年以上続く、のりメンチの歴史。

それを冒涜しないよう、敬意を払いながら作ります。

もう、一品。

ノリノリメンチバーガー

どうですか、これ。

ちょっと良くないですか?

のりメンチの平たい形状をいかそうと考えたんです。

試作でライスバーガーを作ってみましたが、どうも安定感が悪く。

あ、だったら豪快に「のりメンチ」で挟んでしまえと!

ご飯は押しつぶすように、ごま油で焦げ目をつけました。

そこにレタスと輪切りした卵。

これもうまい!

というか、「のりメンチ」のポテンシャルがハンパないんですよ。

どうだ!

これで最近ファンになった人よりも、ずっとずっと「のりメンズ」だ!

まずは一度、味わってください!

ふう。

なんだかスッキリしました。

これからも「のりメンチ」を愛し、応援していきたいと思います。

皆さんもお近くにお越しの際には、

是非、この70円のアイドルをお買い求めください!

お店情報

七福弁当 鈴木商店

住所:北海道旭川市7条通7丁目 七福ビル1階

電話番号:0166-22-3307

営業時間:8:00〜19:00

定休日:日曜日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

北海道民なら見たことあるよね? スーパーでもお馴染み「炭や」のホルモン!
骨董店の奥で営業する完全予約制のお好み焼き屋「なりゆき」に潜入【旭川】
あんこ好き男子必見! あんこと抹茶の「福吉らて」にアンキーマカレーはいかが?

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP