体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

七福弁当の「のりメンチ」を愛してやまない男子は、「のりメンズ」宣言だ!【旭川】

七福弁当の「のりメンチ」を愛してやまない男子は、「のりメンズ」宣言だ!【旭川】 f:id:mesitsu_lc:20160618221715j:plain

昔からファンの多いメニューだったんです。

いうならば、このお店の「看板商品」ですからね!

七福弁当 鈴木商店の「のりメンチ」

街にはファンがたくさん!

しかし、最近になって、市外にも広がりを見せているようなのです。

のりメンチ目当てに旅行してきました、なんていう人もいるくらいです。

これって。

応援しているアイドルが売れていくのと似ていません?

それはもちろん、売れてほしいですよ!

でも、俺は昔から知っていたんだぞ、応援していたんだぞ、みたいな。

最近、好きになったみんなとは違うんだぞ、みたいな。

のりメンチを愛してやまない。

私は「のりメンズ」なのです。

今日は、「のりメンチ」に思いを込めて。

渾身のラブレターを綴ります。

f:id:mesitsu_lc:20160618221734j:plain

1枚70円の揚げものにラブレターを書くことを決めた、

メシ通レポーターの裸電球です。

自分の気持ちに素直になろうって決めたんです。

そうしたら、不思議と肩の力が抜けたんです。

僕は、「のりメンチ」を愛してやまない「のりメンズ」だって。

気づいたんです。

「のりメンチ」とは

f:id:mesitsu_lc:20160619080731j:plain

北海道旭川市にある鈴木商店 七福弁当が販売する「のりメンチ」は、

1枚70円のご馳走で、大人から子どもまで大好き。

お酒にもご飯にも相性抜群、おやつに買って行く人もいます。

国産の鶏肉、豚肉、牛肉を独自の割合でコネたものを、

のりで巻いて揚げたお料理です。

のりメンチが産声をあげたのは、今から40年前のことでした。

先代が「ハンバーグ」を作ったところ、出てきたのがこれ。

美味しいので商品化したという逸話が残っています。

旭川市の「七福弁当」

f:id:mesitsu_lc:20160621124916j:plain

七福ビルの1階にある、鈴木商店。

地元の人からは「七福さん」や「七福弁当」と呼ばれて愛されています。

f:id:mesitsu_lc:20160618221719j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会