体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実践者だから発見できた”まちを変える”プレーヤーとその共通項

実践者だから発見できた”まちを変える”プレーヤーとその共通項

もともと一つの建物の再生を指す ”リノベーション”。しかし、それがあるエリアで同時多発的に起こることで、エリア全体の雰囲気が変わり始める。『エリアリノベーション : 変化の構造とローカライズ』はその現象を「エリアリノベーション」と名付け、6つのエリアの事例から「何が基本構造で、何がローカライズされた特殊解なのか」を浮かび上がらせた。行政主導の「都市計画」でもなく、助成金や市民ボランティアに依存する「まちづくり」でもない、新しいエリア形成の手法とは? 著者のOpenA代表 馬場正尊さんに聞いた。

自らの経験からまちの変化の共通項を探った

良書は、読後に「言いたいことを言ってくれた」「薄々気づいていたことが整理された」と納得感が伴う。その意味で、『エリアリノベーション : 変化の構造とローカライズ』はまさに、膝を打つような本だ。しかし、日本各地で勃発的に起きるエリア形成の流れを見極め、共通項を探すのは並大抵のことではない。本書は、著者自身がエリアリノベーションの実践者で、その経験に裏打ちされた思考を持ったからこそ描けた世界だとも言えるだろう。【画像1】エリアリノベーション : 変化の構造とローカライズ(出典/「エリアリノベーション」学芸出版社)

【画像1】エリアリノベーション : 変化の構造とローカライズ(出典/「エリアリノベーション」学芸出版社)

2003年、空きが目立ち始めた日本橋や神田周辺の都心東エリア(CET:Central East Tokyo)に、アーティストがポツポツと入り風景が変わり始めた。馬場さんはその活動の一員だ。アート・アクティビストとして「まちに影響を及ぼすなんて思ってもみなかった」が、CETから東京R不動産が生まれ、単なるアートイベントを超えた広がりを目の当たりにして、「これからの都市をつくるヒント」があると直感したという。CETとは何だったのか? 何を残したのか? その言語化をしたいという思いが、本書に詰まっている。

本書は、各地の実践者が9つの質問に応える形で描かれる。対象の6エリアは「目に見えて風景が変化していること」「変化が継続し、日常化していること」「経済的に自立していること」「デザインがかっこいいこと」の4基準で選んだが、最後の「デザインがかっこいい」を基準に加えたことが本書の勝因だ。極めて感覚的だが、「心地よさ」「賑わい」「活気」の素地となり、まちで最も大切な要素とも言えるだろう。

●対象となった6つのまち

・東京都神田・日本橋(CET)

・岡山市問屋町

・大阪市阿倍野・昭和町

・尾道市旧市街地

・長野市善光寺門前

・北九州市小倉・魚町

「歩いていて気持ちがいい。歩くうちに視界に入ってくるグラフィック(看板やフライヤーなど)に気分が上がる」「集まる人々の質感が、かしこまってなくてフランク」「人におすすめしたくなる」のが、馬場さんの言う「デザインがかっこいいこと」がもたらす効果だ。いずれも人の想いが隅々にまで届いているからこそ生まれる、ある種の心地よさなのだろう。

まちを変えるトリガーとなった4つのキャラクター

本書の最も大きな発見は、それぞれのエリアリノベーションの共通項を探り当てたことだ。その共通項とは、4つのキャラクター(役割)が必ず存在しているということだ。特に、4つのキャラクターを見出したことは、類似の課題を抱えた他の地域に、一つの大きな示唆を与えたとも言えるだろう。

この4つのキャラクターは、それぞれ「不動産キャラ(調整する人)」「建築キャラ(空間をつくる人)」「グラフィックキャラ(世界観をかっこよく表現する人)」「メディアキャラ(情報を効果的に発信する人)」と呼ばれる。彼ら4プレーヤーがそろうことが、まちを面で変える一つのトリガーだとは、これまで誰も考えなかったのではないか。【画像2】画像左:エリアリノベーションに必要な4つのキャラクター 画像右:尾道空き家再生プロジェクトでの4つのキャラクター(出典/「エリアリノベーション」学芸出版社)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。