ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

綾小路翔 「親友とは僕のことを傷つけられる存在」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 親友の定義は決まっていない。人によってさまざまだ。ある人にとっては親友かもしれないが、別の人にとってはそうではない──。そこで友人が多いことでも知られる6人組ヤンキーロックバンド・氣志團の團長を務める綾小路翔に「親友」について話を聞いた。

「親友…今頭に思い浮かんだのは、ぼく以外の氣志團メンバーとバックダンサーの微熱DANJI、歌手の森山直太朗(40才)、GLAYのTAKUROさん(45才)、そして4才年上の一般男性…すでに多いですね(笑い)。

 親友にもいろいろなタイプがあると思うんです。メンバーは中学からのつきあいだし、家族みたいなところがあります。悪いたとえだけど、仮にあいつらが、世間的に取り返しのつかない事件を犯したとしても、ぼくだけは受け止めると思います。

 直太朗は、自分にポカッと心の穴があいた時に、なぜかわからないけど隣にいる。ぼくがそのとき求めているような答えも返さない。ケラケラ笑っているような人ですね。でも帰り際には、心がスッとしている。

 逆にTAKUROさんはどんなシリアスな悩みにも、極上のユーモアを交えて前向きな答えに導いてくれるすごい人。最後の1人は、世界一ぼくにお節介を焼いてくれる人(笑い)」

 そして、綾小路は「親友」をこう定義する。

「親友とはぼくを凹ませられる人だと思います。例えば、ぼくは、世間の人からいくら誹謗中傷されても、知人に悪口を言われても『まあ、彼らは、おれのことを知らないしな』と思えるんですよね。正直まったく気にならない。でも、親友に誤解されたり、心ないことをされたりしたら、死ぬほど傷つくんですよ」

 傷つくからこそ彼らに認めてほしい気持ちは人一倍のようだ。特にメンバーにはその思いが強い。氣志團には2006年から3年間、実質的な活動休止期間があった。綾小路は、その間、DJ OZMAとしてソロ活動を行った。

「ぼくのやり方にメンバーが不信感を持つようになったんですかね。悔しかったし、悲しかったけど『じゃあ、一旦、氣志團を休もうよ』と話をして、即ソロ活動を始めました」

 その格好は、金髪のアフロヘアに真っ白なスーツスタイル。音楽も、踊れるクラブミュージックだった。人気を博して、紅白にも出場した。

「DJ OZMAはすごくうち向けに、メンバーに『やっぱりあいつはすごいんだ』と思われたくて、彼らに認められたい一心で始めました。だんだんお互いをわかり合って、2009年から氣志團をもう一度再開しました。だから、親友って、ぼくのことを傷つけることができる数少ない存在だと思うんです。

 あとは、親友に仲のいい男友達がいると、やきもちを焼きますね。直太朗にも言いますもん。『どうせピエール瀧さん(49才)とか武井壮さん(43才)のほうが好きなんだろ』って(笑い)。

 もちろん、ぼくにも仲いい人はいっぱいいるんです。もしかしたら具体的に固有名詞をあげたから『翔は、おれのことを親友って思ってくれてないんだ』と傷つく友達もいるかもしれませんが、今とっさに思いついた人をあげただけなので…嫌いにならないでね(笑い)」

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
「不世出の女優」北条麻妃 妖艶な赤いドレス姿で胸元も露わ
綾小路翔『奇面組』で氣志團結成、壇蜜『ゴルゴ』で性目覚め
大前研一氏「親友がいないという悩みはどうでもいい類の話」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP