ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の海はココで決まり!滋賀県の海水浴場をまとめてチェック!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏レジャーの定番といえば海!

友だちと、恋人と、家族と、誰と行っても違った楽しみ方ができる海水浴で最高の夏を送りたい!

じゃらん編集部では皆様の夏レジャーをお手伝い!滋賀県の海水浴場情報を一挙ご紹介いたします。

近江舞子水泳場や青柳浜、あなたの目的にピッタリのビーチを探し当ててみて。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

近江舞子水泳場

白砂浜が約4Kmに渡って続き、湖岸には青松の林が茂り、古くから風光明媚の地として知られ、琵琶湖八景にも「涼風・雄松崎の白汀」として取り上げられています。水質も良く、バーベキューを楽しむなど市内で最も賑わう浜で、駅から近いので便利です。

\口コミ ピックアップ/

秋に、近くの宿に泊まりました。天気がよいと、琵琶湖の水がとてもきれいで、

まるで沖縄の海に来たような感覚に陥ったほどです。

琵琶湖の素晴らしさを味わうには、最高の場所です。 近江舞子水泳場

住所/滋賀県大津市南小松

TEL/077-592-0378

「近江舞子水泳場」の詳細はこちら

宮ヶ浜水泳場

環境省の「日本の水浴場88選」に選定されている。

\口コミ ピックアップ/

休暇村の前で、湖畔を走る道路ぞいなので、車でアクセスしやすいのが魅力です。水もそこそこ、きれいだと思います。ドライブがてらちょっと立ち寄れる希少な水泳場。休暇村に宿泊している人が大半みたいですが、子供づれも多いです。

芝生がきれいに敷いてあるので、風景も美しいです。駅からバスも出ているし、休暇村の中でランチもできるので、使いやすいビーチだと思います。これより南だと、水質があまりよくないので、琵琶湖ビーチの中ではこちらがおすすめです。 宮ヶ浜水泳場

住所/滋賀県近江八幡市沖島町宮ヶ浜

TEL/0748-32-3138

「宮ヶ浜水泳場」の詳細はこちら

松原水泳場

白砂の浜が1km続き、松林も美しい浅瀬の水泳場で家族連れでにぎわいます。鳥人間コンテスト選手権大会の会場としても知られています。※バーベキュー等火気の使用についてはご遠慮ください。

\口コミ ピックアップ/

松原水泳場の砂浜は実に長く、1K程度はある広くてゆったりした水泳場です。昨今は流石に松の本数が少なくなってきましたが、まだまだ十分に松原と言える価値はあります。水泳場は遠浅で一度大人の胸ぐらい深くなった後に又浅くなってきますので波も少なく泳ぎやすいと思います。

今は「鳥人間コンテスト」の会場になる為、競技時はそれは大変な賑わいようです。コンテスト時に車で駐車される場合は駐車場の確保に十分注意願います。その時期以外は広い水泳場ですので混む事はほとんどありません。琵琶湖の水も昔に比べて大変綺麗になってきましたし、海とは違う「べとべと」感が無い事も真水の特徴ですね。 松原水泳場

住所/滋賀県彦根市松原町

TEL/0749-22-1411

「松原水泳場」の詳細はこちら

松の浦水泳場

交通の便が良く美しい松林がおよそ1km続きます。キャンプ場を併設しており、比良山への眺めなどロケーションが良い点も魅力です。

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖の西岸にある海水浴場とキャンプ場です。

平日に行ったせいなのか、海水浴シーズンなのに、あまり人は多くなかったです。

白砂青松の美しいビーチで、とってものんびりした良いムードの砂浜でした。

海の家はもちろんありますし、公衆トイレもあります。

キャンプ場も併設されており、テント一張5人用で3000円と、ちょっとお高い気もします。 松の浦水泳場

住所/滋賀県大津市荒川

TEL/077-592-0378

「松の浦水泳場」の詳細はこちら

青柳浜水泳場

オートキャンプ場で青い松白い砂浜の湖辺に恵まれ水の澄んだ人気の水泳場です。背後に雄大な比良山系を望む落ち着いたロケーションで、家族連れで楽しむのに最適です。

\口コミ ピックアップ/

水がとてもきれいで魚が取れたので、子供達が大喜びでした。人の数もそんなに多くないので超穴場だと思います。 青柳浜水泳場

住所/滋賀県大津市大物

TEL/077-592-0378

「青柳浜水泳場」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

夏の海はココで決まり!和歌山県の海水浴場をまとめてチェック!
夏の海はココで決まり!京都の海水浴場をまとめてチェック!
夏の海はココで決まり!兵庫県の海水浴場をまとめてチェック!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP