ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつも挫折と紙一重?!子どもが習い事を「ただ、続ける」ことの難しさ[前編] by kobeni

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「練習、してます…?」Hちゃんのママが向かいの席に座り、開口一番、眉間に皺を寄せ訊ねる。

「いえ…厳しいですね」読んでいた本を伏せて私は答える。ふたりで「ハァ…」とため息。

我が家の長男とHちゃんは、エレクトーンの教室で同じクラスに所属している。保育園も小学校も同じで、二人ともエレクトーンを始めてもう4年ほど。お互い共働き家庭なので、レッスンは土曜日の午前中。レッスンが終わるまでの間、近くのカフェで待っている間の出来事だ。

割と何度もしている、こんな会話を。 子どもの習い事・関連記事:たったの数ヶ月でそんな感じ!?4歳娘が突然吹かせた”先輩風”にびっくり by 丸本チンタ

■ 習い事を「ただ、続ける」ことの難しさ

エレクトーンを始める前は「習い事は、いくつか試した中で、本人が気に入りさえすれば続けられるだろう」ぐらいに考えていた。長男は小さい頃からよく歌っていたので、「歌が好きなのかな」と、3歳ごろからエレクトーン(最初はリトミックだった)に通わせてみた。

習い事は学校の授業のように必須ではない。ただ、集団の保育や教育では、子ども一人ひとりの個性を伸ばすのにも限界があるだろう。なにかしら特技があればそれは自信につながるし、人生における息抜きにもなるのではないか。その程度の気持ちでスタートしたのだった。

だが、現実はそんなに甘くない。楽器は地道に練習しなければ上達しないが、幼児の忍耐力や、先を見通す力は、想像以上に拙かった

4-5歳ぐらいの頃は本当に大変だった。弾き始めて2秒でつまづき「わーー!」と泣きながら鍵盤に突っ伏す。自分の指が思い通りに動かないことが「信じられない」と言わんばかりに怒る。注意すれば「そんな言い方しないで!!」。見本で弾いてみれば手を払い除けられる。拗ねて練習を中断してばかりだった。なのに、そんなに練習が辛いならやめてもいいよと言うと、「嫌だ。やめたくない」。

弾くのが辛いんじゃない。「弾けない自分(という現実)」がひたすら辛いだけなのだった。我が子よ、その無駄に高いプライドは誰に似たのだ。

冒頭のHちゃんも同じで、レッスンの直前まで「上手く弾けないから行きたくない」と泣いたりするらしい。けれど「やめたくはない」。

平日は仕事があるので、なかなか練習に付き添うの難しいですよね。いや本当に。でも、このあいだ街中でやってたミニコンサート観て、目キラキラさせてたんですよ。そうなんだ、そういうの見せるのも大事なんですね…「ハァ(ため息)」

私の教え方が悪いのか。いや、けれど親はプロじゃないんだし、できることなんてたかが知れてる。悶々と考える日々だったが、Hちゃんのパパ・ママをはじめ同じくらいの子を持つ親と話すうち、これが普通の姿なのだと分かってきた。

「うちも練習中にすぐ拗ねるし、付き合うのが限界に達してやめた」「練習面倒くさいのでやらない→レッスンでついていけない→面白くないので練習しない、の悪循環」。ここで親が専業とか兼業とかは関係なく、小さな子どもに「ただ、習い事を続けさせる」難しさは共通しているようだった。

もちろん、宿題や練習が必要ない習い事もある(水泳なんかだと、自宅で練習するのも難しいし)。小さな頃からコツコツ努力できる子もいる。そもそも、未就学児に「習い事」が早すぎるのかもしれない。

ただ、挫折しそうなところをサポートし、動機づけをし続けなければならない、そのことを「大変だ」と感じている親もまた、多いのではないかと思う。

私とぶつかりながらも、ちょっと上手く弾けるとアッサリやる気が出ることもある。だから難しいのだ。「好き」or「嫌い」、「得手」or「不得手」あるいは「本人の意思」or「親の自己満」というような、ゼロサムで判断できる状態じゃない。子どもだからこそ、その間でゆらゆら揺れ動く。

一般的に「子の教育方針」と聞いてイメージされる「放任」と「教育ママ(パパ)」の間にも、きっとグラデーションがあるのだろう。

いやぁ、知らなかったわ、この難しさ。

…[後編]腹を立てずに、子どもの習い事に付き合う「心構え」とは…?に続く kobeniさんの人気記事:いつかくる巣立ちの日、その時「私」を見失わないために 〜空の巣症候群について考えた〜 by kobeni

著者:kobeni(こべに)

子どもの年齢:7歳、3歳

仕事と育児の両立などをテーマにしたブログ kobeniの日記 を書いています。二人の男の子の母親。東京在住。

こないだ某ラッパーが「小さい頃ちゃんとやっときゃ良かったエレクトーン」って歌ってたの、聴きました…

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

困った、双子の後追いが始まった!NGエリアへの侵入を防ぐスノコ使いとは? byぐっちぃ
まだまだ続く猫の受難!キャットフードに熱い視線を送る息子との攻防戦!
1人→2人でも、大変さは1倍→4倍!!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP