ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ラーメン”と“チャーハン”のセット「ラーチャン」 昔ながらの味を今に伝えるお店【新潟市】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新潟市では「ラーチャン」と 呼ばれるものが、古くから人々の間で親しまれてきました。

「ラーチャン」を提供する老舗店

数あるお店が提供する中、今回ご紹介するのはこちらのお店です。

▲中華そば 来味 亀田店

こちらは、惜しまれつつも閉店してしまった老舗店「中華そば 来味」の味を受け継ぐお店として2015年にオープンしました。

ちなみに、「中華そば 来味」は、昭和中期より新潟市の中心部「古町」でラーメン、野菜炒め、カツ丼、チャーハン、カレーライスなど様々なメニューを提供する食堂でした。

そして41年前に新潟市内の「馬越」という地に移転し、徐々に、ラーメンとチャーハンのセットを中心メニューとする営業スタイルにシフトしていきました。

当時、メニュー名は「チャーハンセット」として販売をしていましたが、お客さんからは「ラーチャン」の声で注文が上がる事も多かったのだとか。

というように、

「ラーチャン」

とは、“ラーメン”と“チャーハン”のセットの事で、新潟市ではこちらのお店の他にも「ラーチャン」を販売しているお店が数多くあります。

そして現在では、その名をタイトルとして販売しています。

▲「ラーチャン」(850円)

▲単品では、「にぼしラーメン」(600円)として販売

煮干しの味をしっかりと出しつつも、煮干し特有の苦味などはありません。

そして、ラーメンには必需品ともいえる「油」が全く浮いていません。

そうした事もあり、さっぱりとした飲み口ながらも出汁の味を存分に楽しめます。

麺はスープの味に合わせた自家製麺を使用しています。

そして、チャーハン!

パラパラとした食感、しっかりとした味付けが美味しいチャーハンです。

このラーメンとチャーハンを交互に食べるのが「ラーチャン」の醍醐味です。

ラーメン単体では、「もう少しパンチが欲しい」という方もいるかもしれませんが、さっぱりとしたラーメンのスープと味の濃いチャーハンを交互に食べる事で、ちょうど良いバランスの味となります。

そして、セットにする事で、当然ボリュームも出てきます。

美味しく、お腹いっぱいになれるのもうれしい事ですよね。

あっさりとした味を好む人などは、煮干しラーメンのみを食べていくケースもありますが、こちらのお店にきたのであれば、やはり「ラーチャン」を頼みたいところですね。

「ラーチャン」の美味しさの秘密にせまる!

今回はその「ラーチャン」の作り方に密着取材してみました。

▲ご飯をきっちりと計量する店主

パラパラとした食感を出す為に、固めに炊かれたご飯を使用しています。

(今回作るのは2食分のチャーハンです)

玉子を割ります。

玉子を溶き……、

中華鍋に玉子とご飯を投入!

具材を入れ、鍋を振ります。

熟練の技が光ります。

そして、盛り付けです。

チャーハンが完成!

続いてラーメンです。

スープは豚骨と煮干しを使ったあっさり出汁です。

煮干しと豚骨は別々の鍋で煮出し合わせています。

そうする事で、それぞれの素材に適した温度・時間で煮込む事ができます。

魚介系スープは、煮干しを一晩水に漬けて水出しした煮干し出汁を使用しています。

しっかりとした出汁を取りつつも、えぐみなどを出さないように、分量、時間など、基本作業を徹底管理しています。

スープの質を落とさないように、冷蔵保存していたスープを、営業時に温め使用しています。

麺を茹でます。

湯切りして、

丁寧に盛り付けます。

このようにして「ラーチャン」は出来上がります。

新潟に古くから根付く食文化「ラーチャン」。

さっぱりラーメンとしっかり味のチャーハンの生み出すハーモニー、機会があれば是非お試し下さい!

お店情報

中華そば 来味 亀田店

住所:新潟県新潟市江南区西町3-5-32 エスタディオ 1F

電話番号:025-381-6625

営業時間:11:00~14:50(LO)、17:30~20:50(LO)

定休日:無休

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:新潟ラーメン.com

新潟県内のラーメンを紹介するHPを運営しています。

サイト内では、仕込みに密着しお店のこだわりを紹介するインタビューや、新店情報、限定メニュー告知、クーポンの掲載などを行っています。 HP:http://noodles.bbshin.net/ Twitter:https://twitter.com/bbshin_t

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

ここアメ村? いることが忘れられるワンフロアの空間はまるでどこか異国のよう!
体が資本! 一皿で栄養バランス整う「パワーサラダ」でスタミナチャージ!  
【タベアルキスト】ハードボイルド・「うな重」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の1~

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP