ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウォールナットの端材をバターナイフに! ハーマンミラーストアでワークショップ開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年7月30日(土)、東京・丸の内のハーマンミラーストアで、「ウォールナット製品の端材を使ってバターナイフを作ろう / vol.2」が開催されます。

今年1月に開催され好評だったイベントの第2回。環境への配慮と資源活用の観点から、Herman Miller(ハーマンミラー)では米国工場で製品を作る際に発生する木材の端材や廃材を活用したワークショップを行っており、本イベントはウォールナットの端材を材料にバターナイフを作るワークショップです。

講師を務めるのは、木の風合いを生かした作風が人気の木工作家・吉川和人さん。大まかに型取りした木材を、小刀や南京カンナで削り出し、紙ヤスリで滑らかにしたあと、オイルを塗って仕上げます。木と触れ合いながら、オリジナルバターナイフを作ることができます。

木のカスや粉が出るため、当日はエプロンを持参されるのがオススメとのこと。2回目の時間帯はまだ空きがあるそうなのでぜひお早めにご予約を。

さまざまな道具を使って思い思いの形に仕上げることができます。

当日講師を務める木工作家・吉川和人さん。東京を拠点に器やカトラリー、家具などを製作するほか、各地でワークショップを開催しています。

ウォールナット製品の端材を使ってバターナイフを作ろう / vol.2

日時:2016年7月30日(土) 10:00~13:00 / 14:00~17:00(※各回入替制)

※①0:00~13:00回は定員に達した為、受付終了

会場:ハーマンミラーストア

定員:各回先着5名 ※要予約

参加費:無料

予約方法:info_storetokyo@hermanmiller.com

※2016年7月28日(木)まで受付

※希望回、名前、人数、当日の連絡先を明記の上、件名「ワークショップ: 『ウォールナット製品の端材を使ってバターナイフを作ろう』 参加希望」として送信

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

人気2窯の作品が2500点!「伝えゆく仕事 -出西窯×小鹿田焼 坂本工窯-」開催
背筋伸びてますか?ノルディックフォルムでバランスチェア特集
世界各国の希少な革製ソファを限定販売!「世界の有名タンナーシリーズ」スタート

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP