ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMI、HTC Vive向けアイトラッキングの開発者版を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SensoMotoric社(SMI)はHTC Vive向けに、次世代技術「アイトラッキング」のデベロッパーキットをリリースしました。HTC Viveのパフォーマンスをより強力に実現するものとして期待されています。

パフォーマンスを飛躍的に向上させるアイトラッキング技術

アイトラッキング技術では、人間の目の特性を逆手に取り、視野の中心部のみ高解像度のレンダリングを行い、周辺部は低解像度で描画することでHMDの処理コストを最適化する”フォービエイデッド・レンダリング”が可能になります。この技術により比較的スペックの低いPCやスマホでも高品質のVR体験が可能に、またこれまで処理の限界で品質を落としていた高品質なVR体験をより高品質にすることができるとされています。SMI社は以前、アイトラッキング機能を搭載した新型Gear VRを発表しています。

アイトラッキング機能を備えたGear VR

目が注視している部分以外は低解像度でぼやけたように描画される

またアイトラッキング機能を利用してプレイヤーの視線の動きをVR内にリンクし、NPCやギミックを視線に反応させることでより高度な相互反応・没入感を実現できると期待されています。

更なる機能向上の動きを見せるハイエンドVRHMD

最近ではOculus社が、未だ公表されていない”Rift 2” のため開発人員を増強していることが明らかになりつつあります。またHTC社は、Viveヘッドセットのためのスタンドアローンの子会社を設立しており、プラットフォーム上で今後性能向上に向けて何かしらの動きを見せるものと予想されます。

関連:HTC、VR事業特化の子会社Viveを設立

既にハイエンドVRHMD第二世代機が開発の動きか

また、FOVE社はアイトラッキング機能を搭載した独自のVRHMD「FOVE」を開発中。2016年秋に開発者版を発送するとしています。

果たしてハイエンドVRHMDの二世代目にはアイトラッキング機能が標準搭載されることになるのか。そして、SMI社は描画性能向上に取り組むグラフィックボードメーカーNVIDIAとの提携も発表したばかり、今後の動向に注目があつまります。

(関連)
NVIDIA、VRの次世代技術アイトラッキングのSMIと提携

SMI、BtoB向けにアイトラッキング機能を搭載した「Gear VR」改良版を発表

HTC、VR事業特化の子会社Viveを設立

(参考)
SMI Releases Eye Tracking Developer Kit For The HTC Vive(英語)
http://uploadvr.com/smi-releases-eye-tracking-dev-kit-htc-vive/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP