ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トヨタ・ハイエースの買取相場とおすすめ買取店まとめ

  • ガジェット通信を≫

トヨタ・ハイエースとは

出典:トヨタ

今回は貿易について

「これ、貿易で跳ねるよ」

中古車業界で用いられるスラングなので、何をいっているかわかりづらいかもしれませんので、わかりやすく言い換えてみます。

「このボロボロの車、海外で需要があるから買取価格よりも、はるかに高い相場が付いていますよ」

……こんな意味です。「これ」に当てはまる車種の代表的なものがハイエース、キング・オブ・トランポなのです。

他にもある貿易の「これ」

「これ」に当てはまるのは、不思議なことにトヨタ車ばかりです。例えばランドクルーザー、ハイラックスサーフ、これらはディーゼル車限定。年式やグレードなど非常に限定されますがアルファードやヴェルファイア、5年ほど前ならミャンマー限定でマークⅡなんてのもありましたし、意外なところではカローラもそうです。

これらの車を所有しているならば、貿易で跳ねる「かもしれない」ことを頭に置いておきましょう。

そして、そんな車の代表、ハイエースの買取価格はどの程度狙えるのでしょうか?以下に見ていきます。

ハイエースの買取相場紹介

数が多すぎるバリエーション

大きく分けてバンとワゴン、コミューターがあり、定員も2~10人と幅があり、先代のH100系なら高級ワンボックスの様なグレードもありでバリエーションの数が多いのがハイエースの特長。一つずつ買取価格を調べていると、とんでもない数になりますから、今回は、こんな状態でも値段が付くという例を挙げていきます。

「買取価格」はオークション落札相場から見た、予想買取価格です。

過走行系

出典:トヨタ

・LH184B
平成14年 ハイエースコミュータ 69万キロ 35万円
・LH186B
平成14年 ハイエースコミュータ 50万キロ 40万円

目を疑うような走行距離のものが、かなりの高い相場で取引されています。トップ10は全てコミュータ系、ドキュメンタリーなどで乗員を満載した途上国のマイクロバスを見ますが、あのような用途で使われています。

低年式系

出典:KATO MOTOR

・YH51G
昭和59年 白 ハイエースワゴン 11万6,000キロ 10万円
・YH51G
昭和59年 白 ハイエースワゴン 8万5,000キロ 15万円

オークションでは昭和時代のものがバンバン取引されています。ちょっとヴィンテージな雰囲気がありますから、国内でカスタムカーのベースとして用いられているのですが、こちらはそれほど高い値段は付きません。

また、高い値段で取引されたものは状態の良いキャンピングカー仕様ばかりでした。

「過走行系」で取り上げたものはディーゼル車、「低年式系」はガソリン車。タフで知られるディーゼル車は海外、排ガス規制に引っ掛かりづらいガソリン車は国内の需要があることがわかります。

コミュータに限らずディーゼル車は過走行だったり事故歴があったりしても、問題なく値段が付く。上で述べた「跳ねる」ハイエースの条件はディーゼルであることなのです。

ハイエース買取のおすすめ店舗5選

エブリィ

出典:エブリィ

新潟に営業拠点を持つ「エブリィ」は、アフリカへの輸出を得意としている会社。査定は専用フォームか電話にて無料・迅速に行ってくれます。新潟県内ならば無料引取りとのことですから、心当たりのある方はぜひ!!

ダイエツオート

出典:ダイエツオート

大阪で幅広く中古車を買取っている「ダイエツオート」は「R International,Inc.」なる輸出の会社も経営しています。こうなるとハイエースの買取にも期待したいところ。とりあえずの査定は専用フォームからどうぞ。

ジャパンエコドライブ

出典:ジャパンエコドライブ

日本では引き合いがなさそうな車の買取を毎年実に2,500台も行っているというのが「ジャパンエコドライブ」。本社が熊本県ということで対応地域は狭いものの、とてもオークションでは相場がないような車両でも面倒を見てくれそうなムード、頼りがいがありますね。

ガリバー

出典:ガリバー
やはり買取り日本一の企業、貿易車の買取実績も相当なものです。ただし、独自の輸出ルートを持っているわけではありませんから、オークション相場を元に買取するという基本は他の車種と変わりません。特別に高いということはないかも。

ビッグモーター

出典:ビッグモーター

ガリバーに次ぐ日本2位の自動車買取の企業といえば「ビッグモーター」。こちらも基本はオークション相場ですが、AA会場を運営している分、相場+出品料分の買取は期待してもいいかもしれません。

トヨタ・ハイエースの査定基準

年式・型式・走行距離

ハイエースの査定で必要になる情報は以上、年式は新しいほど、走行距離は薄いほど高値で買取してもらえるはずですが、輸出の対象となるような場合は、年式が有る程度新しければ、走行や修復歴は問われなかったりします。

ディーゼルならば何でも!!

燃料はディーゼルとガソリンの2種類が製造されていますが、燃費がよくエンジンの作りもタフなディーゼルが貿易向き。より高い値段が付きます。

高く売る方法

一括査定+アルファで

一括査定を用いて、複数の業者に競合させて相場のMAXを引き出すという方法は他の車種と変わりません。しかしハイエースですから、貿易に特化した業者の査定も受けてみましょう。ひょっとすると、な値段が出るかもしれません。

貿易となってしまったら……

走行距離や車体の状態、事故歴の有・無などほぼ問題になりません。あえていうならば、年式が問われるぐらいですから、掃除や洗車を念入りにする必要もありません。ただ、人手に渡るのですから、最低限のレベルで手はかけておくべきでしょう。人として……。

買取の流れと必要書類

出典:ウィキペディア

まずは問合せをして……

一括査定のサイトに申し込むと同時に、すでに紹介したような輸出に強い中古車ショップに電話、真剣に手持ちのハイエースを売りたい旨を伝えます。この場合聞かれることは、年式と型式、色、走行距離。走行距離はトリップメーターをそれ以外は車検証をチェックしておくようにしてください。

会社名義の車の場合

車を買取してもらう時にそろえる書類として「印鑑証明」と「実印」といいますが、これは車検証の「所有者」の欄に名前が記入されている人・会社のものです。使用者の欄ではありませんので、まずは注意が必要。

よくあるのが「付き合いがある車屋の名前になっている」というケース。この場合、どうにかして、車屋さんから印鑑証明と実印が押された譲渡証明・委任状をもらわなくてはなりません。

まとめ

出典:トヨタ

さて、走行が10万キロ越えたハイエースが100数十万円の値段が付いて、中古車店に並んでいる光景はよく見ますから、それに近い買取価格が付くことはご存じの方が多いはず。

しかし、国内ではだれも見向きもしないような、ディーゼルのハイエースに値段が付くというのは意外だったはず。以前の買取ショップなら、そんなところに旨みを見つけていたのですが、一括査定が広まるにつれて、そう簡単にはいかなくなりつつあります。

ダメもとで一括査定を申し込む……こんな意気込みで中古車の買取に挑みましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP