ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

押すだけ簡単コリほぐし!首周りのコリを取る、セルフツボマッサージ4つ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。デスクワークや家事などの猫背姿勢で、気づけば首がコリコリ!特に週の半ばから終わりにかけては、早く休みたくて仕方ない!そんな方はいませんか?紀元前の昔から、ツボ押しや鍼治療の原型となる治療が、痛みの軽減などに利用されていました。「このポイントを押すと、コリがほぐれやすい」など、膨大なデータが蓄積されているツボ押しやほぐし方法を使って、効率的に首周りのコリをゆるめてみませんか?

片手で首つかみ

右手で自分の首根っこをがっしりつかみます。


右手の親指が首の右側横にくるはずです。親指で、じっくり首の中に向かって押し込んでいきます。親指は力が強いので、首コリがある方には痛いと感じるでしょう。

首の真横の胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という筋肉を押すことができて、コリほぐしに役立ちます。反対側でも同様に行います。

両手で首はさみ

両手指を組んで、首の後ろへ回し、左右の親指で首の後ろの筋肉をはさんで、ぐるぐると押し回すようにしてマッサージをします。

腕や肩の使いすぎなどで凝ってしまった首の筋肉をほぐすのに心地よいマッサージです。

風池(ふうち)のツボ押し

両手を後頭部へ持ってきます。左右の親指を、先ほどはさんでぐるぐると押し回していた首の筋肉の脇に沿って、上へ滑らせ、頭蓋骨と首の境のくぼみに押し込みます。


ここが風池(ふうち)のツボで、首コリはもちろんのこと、眼精疲労、頭痛、鼻通りを良くするといった働きのあるポイントです。目玉の方向に向かって押し込むのがコツです。

肩井(けんせい)のツボマッサージ

右手の指先で、左肩の盛り上がっている部分の真ん中(左の肩幅の中央)を真上から押し込み、左肩をリラックスして上下に動かします。


これは肩コリの代表的なツボですが、肩を上下させることで、さらに筋の奥まで刺激が浸透します。反対側でも同様に行います。

おわりに

いかがでしたか?自分の手の届く範囲や力具合でも、充分心地よくほぐれることを実感されましたでしょうか。ポイントをつかめば、一度押しただけでもだいぶ楽になります。ぜひお役立てください。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

暑くても飲み過ぎ厳禁!ダイエット中の「水分」の取り方とは?
一瞬で簡単にバストアップする裏ワザ大公開!二の腕も背中のラインも美しくなるストレッチ
男性にとっては二度美味しい?スタイルいいけど脱いだら〇〇〇〇な体型とは・・・
前日の連絡は期待度大!男性が本気の女性だけに使う口説き文句3つ
夏バテで痩せるどころか夏太り!?「夏」のダイエットを成功させるコツ3つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP