ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTEのスマホって高く売れる?買取相場と高価買取のポイント

  • ガジェット通信を≫

ZTEのスマホの歴史と人気の理由


photo by Kārlis Dambrāns

ZTEは中興通訊という中国の深センに本社がある、通信インフラや通信端末の開発と生産をしている会社です。中国国内ではファーウェイやシャオミと同様に人気のあるスマホメーカーになります。

ZTEは2005年から日本での展開も行い、ウィルコムやソフトバンクに対して、通信端末のやガラケーなどの供給を行っていました。スマホの人気が高まった2010年の年末には「Libero SoftBank 003Z」と呼ばれるスマホの供給も開始しました。

その後2011年、2015年とソフトバンクにスマホを供給していましたが、徐々にキャリア契約の不要なSIMフリー端末の販売へと移行しています。

2016年発売のモデルは、同価格帯のスマホと比べるとスペックも十分でコストパフォーマンスの高いスマホとして、SIMフリー端末を好んで使う人たちから高い評価を受けています。デザインもシンプルですので、値段が高い国産モデルよりもあえてZTEのスマホを選ぶ人が増えています。

新品の価格帯が安いため、中古市場での買取価格がどうしても安くなってしまいますが、それでも、ほどほどにしっかりしたスペックのSIMフリー端末ということで需要があるスマホですので、状態次第では、思った以上の価格で買取を期待できるスマホでもあります。

ZTEの人気スマホと中古買取相場


photo by Yosomono

それでは実際にZTEの人気スマホが、どれくらいの価格で買取されているのかを見ていきましょう。

AXON mini SIMフリー

5.2型のフルHD勇気ELディスプレイ採用のモデルで、オクタコアのCPUを積むなど、必要十分な機能を備えたSIMフリースマホです。4万円以下の定価にもかかわらず、指紋認証、声紋認証、眼認証を備えている驚きの製品です。

キャリア:SIMフリー(nano-SIM)
OS:Android 5.1
画面サイズ:5.2インチ
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB
CPUコア数:オクタコア
LTE対応:◯

新品定価:39,800円(税別)
買取上限相場:16,000円(2016年7月現在)

Blade E01 SIMフリー

2016年7月に発売されたばかりのエントリーモデルになります。スマホの価格が10万円近くもするなかで、低スペック低価格路線で売りだされたSIMフリースマホです。シンプルなデザインで、「とにかく使えればいい」という層に注目されている製品です。

キャリア:SIMフリー(nano-SIM)
OS:Android 5.1
画面サイズ:5インチ
内蔵メモリ:ROM 8GB RAM 1GB
CPUコア数:クアッドコア
LTE対応:◯

新品定価:14,800円(税別)
買取上限相場:6,000円(2016年7月現在)

Blade S7 g05 SIMフリー

iPhone5Sに似たデザインで話題になったBlade S7 g05ですが、そのスペックはiPhoneにも劣らない素晴らしい仕上がりになっています。インカメラにも1300万画素のカメラを採用するなど、ZTEのSIMフリースマホの中でも高い人気を誇る1台です。

キャリア:SIMフリー(nano-SIM/micro-SIM)
OS:Android 5.1
画面サイズ:5インチ
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB
CPUコア数:オクタコア
LTE対応:◯

新品定価:49,800円(税別)
買取上限相場:22,000円(2016年7月現在)

Blade V580 SIMフリー

少し大きめのSIMフリースマホが欲しい人向けのスマホです。ハイスペックモデルではありませんが、通常使用するだけであれば、これで十分と言える1台になります。1日使える電池の持ちの良さも高く評価されているスマホです。

キャリア:SIMフリー(nano-SIM)
OS:Android 5.1
画面サイズ:5.5インチ
内蔵メモリ:ROM 16GB RAM 2GB
CPUコア数:オクタコア
LTE対応:◯

新品定価:27,800円(税別)
買取上限相場:14,000円(2016年7月現在)

ZTEのスマホを高価買取してもらうポイント


photo by John Karakatsanis

ZTEのスマホは作りもしっかりしていて、スペックも高いスマホが多いのですが、国内メーカーのスマホと比べると、どうしても知名度が劣ってしまいます。そのため買取店をしっかり選ばなければ買取価格が相場よりも大きく下がることがあります。

1円でも高く買取をしてもらうためのポイントを紹介しますので、ZTEのスマホを買取りしてもらうための参考にしてください。

スマホの汚れや指紋などを落としてから査定してもらう

指紋や汚れなどは最終的に買取店で除去してもらえますが、それでも指紋だらけ、汚れっぱなしのスマホでは、買取時のイメージが悪くなってしまいます。大切に使われてきたスマホは買取価格も高くなりますが、雑な扱いをされたスマホは故障の確率も高くなるため、買取価格も下がります。

指紋や汚れは必ず拭き取って査定してもらいましょう。小さな傷などは使用していれば仕方のないことです。できれば普段からカバーをして使いたいところです。小さな傷は無理に消そうとせずにそのままにしておきましょう。

付属品をすべてつけて買取してもらう

スマホを買取してもらうときに、付属品の有無が買取価格に影響することがあります。ケーブルや充電器だけでなく、保証書やクイックスタートガイド、そしてSIMトレイ用のピンも必ずつけておきましょう。

外箱も買取価格に影響することがあります。iPhoneほどではないにしても、完備の状態が買取上限の基本になります。購入したときについてきたものはすべてつけてください。

複数の買取店で査定してもらう

ZTEのスマホはどこで買取してもらっても、買取価格が同じというわけではありません。SIMフリースマホを積極的に取り扱っている買取店ほど高値での買取をしてもらえます。

どこで査定してもらっていいかわからない場合は、3,4店舗で査定してもらうようにしましょう。大型の中古品買取店だけでなく、小さなショップでも買取査定をしてもらい、一番高値を提示してくれた買取店で買取してもらいましょう。

ZTEのスマホを買取してもらうときの注意点


photo by John Karakatsanis

ZTEのスマホを買取してもらうときに、買取店によっては初期さかされていないスマホの買取をしてもらえないことがあります。必ず自分で初期化した上で、スマホにデータが残っていない状態で買取査定をしてもらいましょう。

自分で初期化できないようなときは、買取店に相談してみましょう。有料もしくは無料で初期化をしてくれることもあります。

また買取時には身分証明書が必須になりますので、免許証などの身分証明書を忘れずに持参してください。わざわざ買取店まで行って、査定してもらえないまま戻ってくることになりますので、気をつけてください。

まとめ

ZTEのスマホは少しマニアックなスマホです。ZTEのスマホの良さを感じて購入されたと思います。そんな大切なスマホですから、少しでも高く買取してもらいたいですよね。

販売価格がそれほど高くないため、驚きの価格にはなりませんが、SIMフリーであれば思った以上の価格で買取してもらえます。少しでもいい条件にするために、きれいに汚れを拭きとって、数店舗で買取査定をしてもらいましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP