ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カワイのアップライトピアノを処分する」買取業者の選び方

  • ガジェット通信を≫

ピアノの買取で失敗しないコツ

一般的に、ピアノは長く使える楽器ですから、人生のうちで何度も「ピアノの買取」を経験した人なんて、そんなにいないと思います。ピアノ買取を検討している人の多くは、初めての人。どんな業者に頼めばいいのか、いくら位で売れるものなのか未知の世界です。

昔から、ピアノは売っても二束三文にしかならないという噂があり、どうせ大した金額にならないなら、捨ててしまおうという人もいるでしょう。そこに目をつけて「処分に高額な費用が掛かるので、うちで無料で引き取ります」という業者もいます。

しかし、きちんとした処分方法を知っておけば、無料で処分できるどころか、高く売ることができるんです!そこで、ピアノ買取を検討している人に、失敗しないために知っておきたい情報をまとめました。

カワイのピアノは高く売れる


ブランドの知名度

カワイ(KAWAI)といえば、ピアノの世界シェア2位。ヤマハについで音楽業界でも有名なメーカーです。「カワイ音楽教室」も街のあちらこちらで見かけるように、子どもの頃に通っていたという人も多いと思います。
そんな有名なメーカーのピアノですから、わざわざお金を出して業者に引き取ってもらわなくても、1円でも高く買取ってくれる業者は必ずあります。「粗大ゴミでいいの?」「どうやって運べばいいのかしら?」なんて考える必要はありません。

処分にはお金がかかる?

不要品引き取りの業者に依頼すると、処分費用や運搬費用を支払うことになります。それぞれの業者によって価格設定は異なりますが、数千~数万円という処分費用を請求されることになるでしょう。
つまり、こちらがお金を払って処分を依頼するということですね。

では、ピアノ買取業者に依頼するとはどういうことか? というと・・
業者が不要になった中古ピアノを買取って、お金に変えてくれるということです!

ピアノを購入した時、新品じゃなく中古で購入したとしても、安い買い物ではなかったですよね? そんな高価な楽器だからこそ、大切にしてくれる業者に買い取ってもらって、ピアノを弾くのを楽しみにしてくれる人の所へ届けたいと思いませんか?

カワイ アップライトピアノの買取相場

BL12 620-1100    約1万円~
L51/M 570-1100     約2万円~
BL71/M/W  470-1100    約2万円~
BS20S 1800-    約3万円~
BS30/LE 1750-    約4万円~
KS1/KS2 160-340    約1万円~
KS2A/F 1100-1500    約2万円~
KS3A/F 1100-1500    約3万円~
KU10/AT 2250-    約3万円~
KU1B/D 420-570 約1万円~
NS15/M 1500-    約3万円~
NS35 1500-    約4万円~
US50 1100-1600    約5万円~
U5AS 5300-    約10万円~
US63H 1800-    約9万円~
US70 1100-1600    約9万円~
KL51KF 1900-   約9万円~

カワイ アップライトピアノ買取店紹介

タケモトピアノ

ピアノ買取の代名詞とも言えるほどの知名度で、買取実績№1のタケモトピアノ。最初に、ブランド・機種名・製造番号・ペダルの本数・設置状況などの項目を尋ねられますので、事前にメモしておくとスムーズに査定が受けられます。ピアノを蘇らせる専用の機械を独自で所有し、運送・検品・修理・出荷まで全ての工程を社内で行います。再生したピアノを100%海外へ輸出、ピアノを待つ子どもたちの元へと届けられます。査定や運送費用も全て無料、別途請求されることもありません。

グランドギャラリー

年間買取実績10,000台以上、買い換えの場合の下取りなら査定額アップのグランドギャラリー。無料査定を申し込むと、10分以内に返答されるスピーディな対応で、急な引越しなどの時に頼りになります。
査定額に納得できたら、買取代金は引き取り作業の際に現金で支払われます。演奏に支障をきたすようなダメージや災害にあったピアノなど、特別な事情がない限り事前の査定額を変更されることはありません。

悪徳業者の存在

一括査定申し込みとその後

ピアノの買取も、車買取と同様に「ピアノ買取一括査定」のサイトがたくさん登場しています。売りたいピアノの型式やペダルの本数などを入力すると、複数の買取業者が一斉に査定額を提示するというシステムです。

この一括査定で注意したいのは、情報を入力して無料査定を申し込むと、情報が複数業者に一斉に送られるという点です。住所や連絡先などの個人情報も一斉に送られるため、査定依頼直後から営業の電話やメルマガが大量に届く場合があります。

優良業者であれば、きちんと断ればしつこく連絡してくることはありません。あまりしつこく連絡してくるようであれば、着信拒否などの対応をおすすめします。

訪問査定の落とし穴

個人的に近所の買取業者を探したり、一括査定後にも起こりうる悪質業者のトラブルについてお話しておきます。

事前査定の結果を聞いて業者を絞り込んだ後、実際に引き取りに来た際に事前査定の結果を大きく覆したり、「キズがあるから買取はできないけど、無料で引き取ってあげる」というケースです。

ここで断ると、「査定費用とスタッフ人数分の出張費用を請求された」というトラブルが非常に多く報告されています。

このようなケースは、もともと業者には買取る気などなく、査定費用と出張費用を請求するのが目的だと考えられます。

悪徳業者に引っかからないために

このような悪徳業者のトラブルは、ネットなどでの下調べをしないで近所の業者に依頼した場合によく聞くパターンです。
買取トラブルを回避する方法として、一括査定サイトなどに登録している信頼できる業者を選ぶこと。そして、買取経験者のクチコミなどもチェックしておくことがポイントです。

まとめ

大切にメンテナンスを行えば、数十年という年月を経てもキレイな音を奏でるピアノ。昔は、女の子の習い事として流行し、おばあ様、お母様、娘から孫へと大切に引き継がれたピアノもあります。
沢山の思い出が詰まったピアノだから、処分するといっても大切に扱ってほしいもの。

ピアノの処分は、人生に1度あるかないかの経験です。下調べをしっかりして、イヤな思い出を残さないようにしたいですね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP