ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

いつまでもアツアツ! 恋人気分を長続きさせるための3つのテク

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
111102love01.jpg

秋も深まり、そろそろ1年で最も盛り上がる恋愛イベント……クリスマスの 足音も聞こえ始めてきましたね!
大切な恋人と聖なる一夜を過ごす為にも、冷めてしまった……なんて言われるのはなんとしてでも避けたいところです。
今日は、アツアツ気分をなくさないために心がけるべき注意点をいくつか紹介したいと思います。
良かれと思って彼にしてしまっていることや、無意識にしていることがあるかもしれませんよ!
 
■ スッピンときちんとメイクのバランスはとれていますか?
付き合う前はメイクもばっちり、服装もぬかりなくしていたはずが付き合 いが長くなるにつれ、彼の前で「スッピン部屋着」でいる時間が長くなっ ていませんか?
スッピンを自分の前だけでは見せてくれる、という理由でスッピンのほうが好きという男性ももちろんいますが、そこに甘えてはいけません! 「スッピン部屋着」の問題点は、服装やメイクと言った表面的な問題ではなく、「2人でいるということの意識の低さ」にあるとワタクシは考えます!
「スッピン部屋着」でも、表情や仕草、所作までひとり家でゴロゴ ロしているような状態にならないように意識しましょう。彼に「カワイイ な、やっぱり」と思われることは相手に冷められない第一条件です。
■ ママ化に注意!
愛情ゆえの行動であることは間違いないのですが、彼に対してまるで「母親」のようになってしまい、男女の関係がくずれてしまうことがあるようです。
女性からすると、男性のコドモっぽいような行動はとても可愛らしく映り、つい「上から口調」でたしなめたり、口を出し過ぎてしまったり、ということがあるようですがそこはぐっと我慢しましょう。
恋人として、母のような優しさがあるのが理想ですが、口うるさいと思われてしまっては元も子もありません。甘えたいときもあるし、自由にさせてほしいときもある、という男性の心理を読んで一手先から攻める女性を目指しましょう!
■ルーティーンワークになったら危険信号!
気付けば、いつも同じような場所で同じような食事をして、同じような場所に行って、週に1度のセックス……盛り上がる事もないけどぶつかることもない……なんとなく穏やかな日常のようですが、実はかなり深刻な状況です!
「飽き」というのは誰にも訪れてしまう避けられない感情です。どんな小さなことでも構いません、常に何かフレッシュな気持ちを持ち続けられるようにすることが、最も大切であると言えましょう。
会話にしろ、デートにしろ、セックスにしろ……。明らかに2人の温度が低いところで一定になってしまってから、How To本にあるような「いつもよりちょっと過激なランジェリーで彼を誘惑」などしても、1度低くなってしまってからでは、彼の方はそれを楽しむ感覚も持ち合わせていないのです。
日常の中で、すぐに行く予定はなくとも旅してみたい場所の旅行本などを2人で眺めるもよし、毎月1回は新しい場所に食事に行く、小さなプレゼントやサプライズを用意する、など……日常の中にちょっとしたアクセントを加えるだけで、新鮮な気持ちが生まれますよ!
さて、何かひとつでも当てはまることはありませんでしたか? 何気ないあなたの行動が、もしかしたら二人の温度を下げているかもしれませんよ。要チェックです!
当たり前のことですが、いつまでも「男女の関係を保つ」というのが長続きの秘訣ですから。
※ 編集部より:今回の記事はマイスピとの連動記事です。今回の高野さんの記事に対するコメントを、ライフハッカーの恋愛ライターである石田明さんからいただきました。

「女性には常にかわいらしくいてほしいものです。ずっとスッピンだとやはり冷めていくかもしれませんね。
長く一緒にいる相手でも、意識してもらうだけでとてもうれしく感じると思います。男もがんばろう! っていう気持ちになる部分がありそうです」

同じテーマで男性側からの視点が書かれた、ライフハッカーの「冷められてるかも? と感じたらチェックしたい5つのポイント」も是非読んでみてください。
(高野ゆらこ)


(マイスピ)記事関連リンク
自分が本当に結婚したい相手が見えてくるかもしれない映画『指輪をはめ たい』
恋するアロマのふわふわ洗顔で、女子力をうるうるアップ! 『恋する石鹸』
おっぱいフェチな彼にオススメ! ボディラインを10倍美しく見せる体位

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。