ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松田聖子論 好きでも嫌いでもないがいつの間にか洗脳される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 松田聖子の今年のコンサートは、通算50枚目のアルバム『Shining Star』を引っ提げた記念すべきツアー。しかもこのアルバムの制作には、松本隆や呉田軽穂(松任谷由実)、中田ヤスタカなど、1980年代から現在までの、日本のヒットメーカーが名を連ねている。

「彼女のことは好きでも嫌いでもないんですが、でも松田聖子のことをすごく知っているんです」

 と言うのは、エッセイストの斎藤由香さん(54才)。3月生まれの聖子より、誕生日が1か月遅く、1学年違いだ。1980年に聖子が18才でデビューして以降、彼女の生き方が目に飛び込んできたと話す。

「彼女が『裸足の季節』でデビューして、トレードマークだった聖子ちゃんカットが大流行して、まわりがみんな聖子ちゃんカットになりました。次に松田聖子がショートヘアにすると、周りはみんなショートカットになる。いやでも私の生活に入ってきていました」(斎藤さん)

 1985年1月、交際していた郷ひろみ(60才)と「生まれ変わったら一緒になりたい」と涙ながらに記者会見しているのも、「見たい」と思っていたわけじゃないけれど、どこを回してもテレビに映っているので目に入ってきた。「へぇ~」と思っていたら、そのわずか3週間後には神田正輝(65才)と交際宣言し、しかもその4か月後の6月には盛大な結婚式を挙げた。

 これもまた見たいわけではなかったけれど、テレビをつけたらその話題ばかりだったので、と斎藤さんは苦笑する。そして1986年10月には、長女・沙也加(29才)を出産し、日本中を沸かせた。

「そのころ、私はちょうど新入社員として会社に就職した直後。私の父は作家(北杜夫氏)で躁鬱病のドタバタがありましたから、人間がまともに生きるのはサラリーマンがいちばんと強く考えていたんです。

 でもその時に松田聖子は、芸能界という不安定な世界にいながら、女性の憧れというか、一生に一度の大きな決断で安定の象徴と思われていた結婚を、劇的な離別会見の後にさらりとしてしまうんです。白い馬に乗った王子様は、松田聖子には来て、私たちには来ない、そんな思いにさせられましたね」

 当時は男女雇用機会均等法が施行されたばかり。結婚か仕事か、女性は二者択一を迫られる時代だった。斎藤さんが続ける。

「それまでお茶汲みだった女性たちが、男性と同じような働きを求められ、一方でこれまで同様、結婚して出産するのが当たり前と見られ、とても求められていることが多かった。そんな中で、仕事を辞めずに働き続ける女性は、みんな必死であがいて生きていたと思います。

 私は26才で結婚して、2年後に子供を出産して無認可保育所に預けて、ずっと走り続けていたように思います。とはいえ、どれもこなそうとするあまりにどれもが中途半端…。窓際OLとなりながらも、家と会社と残業とコンビニの狭い生活圏の中で生きていました」(斎藤さん)

 一方の聖子は1997年に神田正輝と離婚し、翌1998年、6才年下の歯科医と再婚。「ビビビ婚」と称してまた華やかに会見した。だが2年後に離婚、今度はアメリカ進出を果たす。

「私はといえば、狭い生活圏の中で必死に生きているのに、この違いは何だろうって思いましたね。好きでも嫌いでもないけど、こうして彼女のことは知っている。松田聖子ほどプロフィールを知っている芸能人も他にはいないのでやっぱり気になる存在なんだと思います。

 嫌い嫌いも好きのうちと言いますが、そうなのかもしれないですね。なんやかんや言いながら、私は松田聖子という女性に充分洗脳されているように思うんです。 それもいつの間にか洗脳されているんです」(斎藤さん)

 聖子と同世代のアラフィフ女性たちは、仕事も家庭も両立させたいと強く思い、そこに向かって走り続けた世代だ。だからこそ、いつも何食わぬ顔で生きている松田聖子が、時に“洗脳”のように、心の奥深くに刻まれ、自分を責めたり、憧れたり、常に聖子との差に苦しむのだろう。

 まぶしいほどの脚光を浴びながら、たくさんの賞讃とそれを上回るかもしれない非難と悪意の中を軽やかに生きている聖子。彼女が50才のときに再々婚をした相手は、慶応大学大学院の准教授で、歯科医師のA氏、略奪の末のゴールインだったと当時報じられた。

 一方で2004年から恋人であるといわれていたマネジャーとの関係もまだ続いているのではないか、そして今A氏とは離婚が近いのではないかなどと噂が飛び交い、そんな母に沙也加は絶縁したり、仲直りしたり…聖子を巡るスキャンダラスな話は相変わらずだ。

「でも松田聖子は美しい。富士フイルムのCMなどを見ると、同じ年なのに、この違いは何だろうと思わせる。ふと見たときの疲れた自分の顔に、あ~…と、ため息が出るわけです。私にはシミもあるし、ほうれい線もあるし、しわもたくさんあるし、体重だって60kgを超えている。

 意識をしてないつもりでも、無意識のうちに彼女の存在を感じてしまっているんです。それは今後もそうだと思います。でも松田聖子に生まれ変わりたいとは思わない。それも不思議なんですが」(斎藤さん)

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
松田聖子 娘・神田沙也加に相談をせず再々婚を決意していた
松田聖子“元カレ”整体師とビジネスパートナー関係継続報道
田原俊彦 松田聖子との「チューだけ」発言の裏に爆笑問題?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP