ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンディエゴのコミコンで人気ドラマのVRコンテンツ等が展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ、サン・ディエゴで漫画などテクノロジーとポップカルチャーの祭典コミコンが開催されました。そこで展示されていたVR作品を紹介します。

MR. Robot

社会不安障害を抱えたエンジニアが主人公のTVドラマシリーズ『ミスター・ロボット』をモチーフにしたVRコンテンツです。

https://www.youtube.com/watch?v=xIBiJ_SzJTA

American Horror Story

全米で大ヒットを記録しているTVシリーズの『アメリカン・ホラー・ストーリー』がモチーフとなっています。映像のなかで再現されている”違和感”や”不安定感”があなたの恐怖心を煽ること間違いなしです。

https://www.youtube.com/watch?v=ipzK2sK1FZA

Incorporated

実際には存在しない人物や出来事をモチーフにした”ドキュメンタリー”作品です。政府ではなく企業に支配された近未来の社会をユーザーに擬似体験させてくれます。Gear VR版とHTC vive版が展示されました。

(関連記事)
『スリーピー・ホロウ』のVRコンテンツと『テイラー・スウィフト』の360度MVがエミー賞を受賞

(参考)
http://uploadvr.com/community-download-sdcc-vr-experience-excited/
Community Download: Which SDCC VR experience has you most excited? – UPLOAD

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP