ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋幸宏とスカパラ川上 「山奥の渓流で偶然出会う」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「CAFE TALK」。7月25日(月)のオンエアでは、高橋幸宏さんと東京スカパラダイスオーケストラのベーシスト・川上つよしさんの釣り仲間トークをお届けしました!

二人の共通の趣味は、釣りの中でも“フライフィッシング”。水中にいる虫などを模した毛針を疑似餌として使用する釣りのことですが、最近はあまり行けていないそう。

偶然にも二人とも昨年北海道で釣りをしたのが最後だそうですが、高橋さんが「ちょうど昨年は珍しく、28年ぶりに人のバックでドラムを叩いて…LOVE PSYCHEDELICOの。それの札幌公演があったので、それでトマムに行ってまして、60センチメートルくらいのアメマスがドライでばこばこ釣れまして」と話し始めると、「うーわー! これはね、やっていない人には何だか意味が分からないと思いますが、60センチメートルのドライがばこばこって信じられない話ですよ!」と、釣り好きだからこそ興奮する川上さん。

そんなディープな釣り好きな二人、最近の自分たちの体調も釣りに関わってくるそうで…。

高橋:川上くんはまだ大丈夫? 足とか。
川上:足はまだ大丈夫ですけど、けっこう老眼が来てますね(笑)。
高橋:それはもう(自分は)とっくですよ。
川上:自分で、振った瞬間に自分のフライが見えない。
高橋:見えないです、全然。
川上:だからどこを流しているかわからない。
高橋:勘! 勘! 勘だよ!もう最近(笑)。
川上:そうなると「釣れても偶然」みたいで、おもしろくない…。
高橋:バシャッ!といったら合わせてみるっていう。
川上:でもやっぱり、見えてないで釣るよりも、やっぱり川の表面を流れて見えているフライにバシャンと飛びついてくるのが一番の醍醐味ですよね。
高橋:あれ最高ですね。

と盛り上がる2人ですが、川上さんが突然「すいませんこんな話で…」と冷静にコメントしていました(笑)。

そんな高橋さんと川上さんですが、なんと偶然、同じ川で遭遇したことがあるのだそうです。

高橋:「幸宏さーん!」で言われて、あれっと思ったら川上君だったという(笑)。
川上:しかもすごい山奥の渓流なんですよ(笑)。あれはびっくりでしたね。

高橋さんが「またそんなことあるといいですけどね、ぜひ今度一緒に行きましょう」とあらためて釣りに誘うと「ぜひよろしくお願いします!」と恐縮しながら答える川上さんでした♪

高橋幸宏×川上つよしの「CAFE TALK」は7月28日(木)まで続きますが…二人の釣り話も木曜日まで続くのでしょうか!? 朝9時スタートの「POP UP!」で10時30分頃からのオンエアをお聴き逃しなく♪

【関連サイト】
「POU UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。